September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 学校の先生が国を滅ぼす | Main | 鳩山首相が責任転嫁 『メディアが動きすぎ』だとよ »

April 16, 2010

「ジェンダーフリー」や過激な性教育への歯止め削除 福島瑞穂は担当をやめろ!

 産経新聞のページに、「『ジェンダーフリー』や過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く」という記事がある。社民党などを政権を担当させるから、こんなことになる。過激な性教育も、行き過ぎた男女平等も、日本の社会の慣習や規範・秩序を破壊するものである。

 記事にあるような過激な内容を許してはいけない。
 例えば「クオータ制」。職業における男女の比率は、適性に応じて決まるものであり、あらかじめ同率でないといけないとか、比率を決めないといけないというものではない。職業選択の自由に制限がかかる。憲法違反ではないか。

 それにしても日本社会を破壊する政策ばかりだ。このままではもうお仕舞いだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 政府の男女共同参画会議の基本問題・計画専門調査会(会長・羽入佐和子お茶の水女子大学長)は15日、平成23年度から5年間の男女共同参画基本計画策定に向けて中間整理案を公表した。性差否定の温床となった「ジェンダーフリー」や過激な性教育への歯止めをかけた現行規定を削除したほか、公的機関などの一定比率を女性とするよう割り当てる「クオータ制」の検討を初めて明記するなど、福島瑞穂男女共同参画担当相の意向を踏まえた急進的な内容となった。

 現行計画では「ジェンダーフリー」という用語を利用して男女の性差や男らしさ、女らしさを否定する動きについて、「国民が求める男女共同参画社会とは異なる」と指摘。発達段階を踏まえない行き過ぎた性教育についても自制を求めているが、中間整理案ではこれらの表現は削除された

 福島氏は2月、あらゆる施策でジェンダー平等の視点を取り入れるよう求める「基本的考え方」を公表しており、中間整理案も「福島氏の考え方を全部反映した」(内閣府幹部)という。

 中間整理案は「政策決定過程への女性参画拡大が十分に進まなかった」と、これまでの政府の取り組みを批判。「政党や民間企業などへの行政の働きかけが自制的だった」ことなどを理由に挙げて、実効性ある施策の導入を求めた。

 具体的には、男女間格差を改善する「ポジティブ・アクション」を進める上でクオータ制の導入検討を明記。男女共同参画への積極的な取り組みを公共事業受託の条件とする法整備や、税制優遇措置の検討も初めて盛り込んだ。

 政府内で法案提出が検討されている選択的夫婦別姓については「女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえ、民法改正が必要である」と強調した。

 同会議では公聴会を経て、6月をめどに鳩山由紀夫首相に答申する。政府は年内に次期計画を策定する方針だ。ただ、夫婦別姓の導入には亀井静香郵政改革・金融相が強く反対しており、政府内の調整は難航しそうだ。
 ↑ここまで

 参考: 西尾幹二、八木秀次「新・国民の油断 『ジェンダーフリー』『過激な性教育」が日本を亡ぼす』(PHP研究所)

 「新・国民の油断」
 「新・国民の油断」にある一例

Ssinkokuminnoyudan


« 学校の先生が国を滅ぼす | Main | 鳩山首相が責任転嫁 『メディアが動きすぎ』だとよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48096679

Listed below are links to weblogs that reference 「ジェンダーフリー」や過激な性教育への歯止め削除 福島瑞穂は担当をやめろ!:

« 学校の先生が国を滅ぼす | Main | 鳩山首相が責任転嫁 『メディアが動きすぎ』だとよ »