September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「中国で日本人死刑 教訓を受け止めたい」って何を受け止めるのか毎日新聞 | Main | NHKの集金人が来た »

April 07, 2010

「パチンコ過払い訴訟」がボッ発!

 Blog「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんに、「「パチンコ訴訟」ボッ発!「警察が許可したCR機は違法だ」週刊文春・警察は"賭博幇助"と損害賠償を請求・04年の規則改正は上位規則である風営法の「著しく射幸心をそそる」に違反と指摘・警察庁は回答を回避・CR機が違法な賭博機と認められれば、全国的な集団訴訟へ拡大」という投稿がある。

 「サラ金でグレーゾーンの高金利で金を借りたから、利息の過払い分を返せ」とか、「タバコを吸ってガンになったから賠償しろ」みたいなバカらしい話だ。

 元々パチンコをする奴がバカ。自己破産者の4分の1がパチンコが原因で破産している。でも、この訴訟で「違法な賭博機」と認定されれば、パチンコ屋に与える打撃は大きいだろう。

 わしは18歳のときからパチンコを始めたが(やってたのかよ)、25歳頃には完全に足を洗っている。当時はまだ、チューリップが開くパチンコ台で、玉を打つのも手動の台がまだ残っていた。そういう台ばかりで遊んでいたのだ。100円で25発の玉を借り、1~2台試し打ちをして出そうになければそれでおしまい。

 出そうだと思ったら粘って、1箱分の玉を出す。すると換金すれば約2500円になった。のんびりしたパチンコだった。それに、パチンコ台のクギを見れば大体出そうかどうかの判断がついた。

 ところが、今やマイコンはもちろん、パチンコ屋全体の出球をコンピュータで制御している。面白くもなんとも無い。運に頼るところが大きく、元手もかかる。しかもパチンコ屋の儲けが地下銀行を通して韓国や北朝鮮に運ばれていルカ脳性がある。やってられるか。

 そういう意味で、パチンコ=民営ギャンブルを禁止して欲しいし、それが無理ならパチンコ屋と対抗できる公営ギャンブル場を各地に作って欲しい。その方が日本人のためになる。儲けは日本のものになるのだから。

 記事を引用させてもらう。

 ↓ここから
前代未聞「パチンコ過払い訴訟」がボッ発! 「警察が許可したCR機は違法だ」 週刊文春が報じる

 3月25日に発売された週刊文春(4月1日号)によると、昨年12月25日、30代パチンコファンの男性A氏が、名古屋地裁管内のある支部において、パチンコ業界に一石を投じる前代未聞の国家賠償訴訟を起こした。

 訴状には、「著しく射幸心をそそる確率変動というパチンコの問題性に対して強い憤りを持ち、自分のような被害者がこれ以上増えないようにという思いをもって本訴訟に及んだ」とある。

 A氏の訴えを要約すると、確率変動という機能を搭載した現在のパチンコCR機は違法な賭博機であり、確率変動を認める違法な規則を定めた国、実質的には国家公安委員会及び警察庁は"賭博幇助"にあたるとして、損害賠償を求めている。

 今回の訴訟で原告側が強調しているのは、賞品の価格の最高限度額が施行規則では「一万円を超えないものとする」と規定してあることに対し、「一回の大当りで獲得できる遊技球の上限は2400個、パチンコ玉1個が4円と換算して9600円が上限となるところ、確率変動の場合は大当りが1回ではなく無限回の可能性があり、最終的には最高限度額の一万円を超えるため、これが賭博罪にあたると解釈。

 さらに、04年の規則改正で初めて警察庁が"確率変動"を公に規定したことで、射幸性の高いパチンコ機で公然と賭博行為が行われるようになったとして、規則制定者である国を"賭博幇助"で糾弾し、この規則改正が上位規則である風営法の「著しく射幸心をそそる」という条文に違反していると指摘した。

 担当課である警察庁生活安全局保安課のコメントも掲載されており、"確率変動"を認めた経緯について、「従前は国家公安委員会規則に定める遊技機の技術上の規格に規定がなかったところ、平成16年の規則改正により、大当りの集中による遊技球の大量獲得を規制する観点から、当該確率が任意に変動することを禁じ、変動する場合の確率値は一定であること等の規定が設けられたところであります」と語っている。ただし、CR機が賭博機であるという指摘については回答を避けた。

 記事内では、機種名に「CR」と冠したパチンコ台が巷に溢れている昨今、これが違法な賭博機と認められれば、全国的な集団訴訟の動きに広がり、消費者金融のグレーゾーン金利を巡る"過払い返還訴訟"と似た騒ぎに発展するのではないか、と警鐘を鳴らしている。
 ↑ここまで

« 「中国で日本人死刑 教訓を受け止めたい」って何を受け止めるのか毎日新聞 | Main | NHKの集金人が来た »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48024610

Listed below are links to weblogs that reference 「パチンコ過払い訴訟」がボッ発!:

« 「中国で日本人死刑 教訓を受け止めたい」って何を受け止めるのか毎日新聞 | Main | NHKの集金人が来た »