September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「政策集INDEX2010」の作成取りやめ 選挙前に読まれたら誰も民主党になど投票しないだろう | Main | 「たちあがれ日本」結党を妨害する一部の新聞記事 どこの新聞かはもうわかるだろう »

April 10, 2010

沖縄「密約」判決についての各紙社説

 4月10日の産経、毎日、朝日の3紙に、沖縄「密約」判決についての社説が載った。見出しは次の通り。

 産経新聞: 沖縄「密約」判決 報道倫理の検証も必要だ
 朝日新聞: 沖縄密約判決―背信繰り返させぬために
 毎日新聞: 「密約」開示判決 徹底して再調査せよ

 各紙の社説を見る。

 産経新聞

 「昭和47年の沖縄返還をめぐり、日米両政府が交わした「密約」文書の開示を元毎日新聞記者、西山太吉氏らが求めた訴訟で、東京地裁は原告側の主張を全面的に認め、国に文書開示を命じた」

 「西山氏らが開示を求めたのは、米軍用地の原状回復費400万ドルを日本が肩代わりするとした文書だ。米国では、これに相当する文書が見つかっているが、外務省はこれまで文書の存在を否定し続けてきた」

 「判決は『文書調査を尽くさず、漫然と不存在と判断した』『国民の知る権利をないがしろにし、不誠実だ』と厳しく指摘した」

 「国の機密に関する文書の扱いは知る権利だけでなく、国益の問題も絡む。地裁判断はやや一面的で感情的表現もある。しかし、文書の保管方法や外務省の調査が十分だったかは検証が必要だろう

 東京地裁の判決は産経の言うとおり、国益の問題を全く考慮していない。「密約」は当時の政治の知恵であったといえる。

 文書の保管方法云々というのは、原告の一人である当時の毎日新聞記者、西山太吉氏が外務省から機密文書を入手したからである。

 「政治的にはほぼ決着し、判決にそれほど大きな意味はない

 今更何を騒いでいるのかという印象だ。与党・民主党に不都合な他のニュースを隠したいためではないのか。

 「原告の西山氏は毎日新聞政治部記者時代、この密約に絡む外務省の機密公電のコピーを同省女性職員から入手し、国家公務員法違反罪に問われた。1審は無罪だったが、2審で執行猶予付き有罪となり、最高裁で確定した

 「この刑事裁判では機密文書の入手方法の当否などが争われたが、裁判とは別に、西山氏や毎日新聞の報道のあり方も問われた

 「当時、毎日新聞は編集局長名で『西山氏が横路氏側にコピーを渡したのは正義感から』『取材源の秘匿に配慮したが、結果的に女性職員に迷惑をかけた』などという趣旨の調査報告を載せた。とても十分な検証とはいえない」

 日本政府に迷惑をかけたという趣旨はなかったようだ。毎日新聞の自己検証など当てにならない。

 「国家機密の扱いや報道の仕方、記者のモラルなどについて、毎日新聞も含めた報道機関が改めて考えてみる必要がある」

 毎日新聞にモラルなど期待できない。最近では作り話の「変態」記事を英訳して海外向けに報道していたし、百人斬り訴訟でも、「あれは戦意を鼓舞する作り話であった」と一切認めなかった。卑劣な新聞社である。

 参考: 稲田朋美「百人斬り裁判から南京へ」(文春新書)


 朝日新聞

 「国は『文書を保有していないので公開できない』と主張した。これに対して判決は『文書があるかどうか十分に探したとは評価できない』と述べ、国の態度を「知る権利をないがしろにし不誠実」と強い言葉で非難した」

 「判決は文書について「第一級の歴史的価値があり、領土問題を抱える日本の外交交渉にいかすことができる」などと評価した。外交機密を盾に真実を隠し続けてきた歴代政府の行為が、国民と歴史に対する背信以外の何物でもないことを改めて銘記したい」

 密約により沖縄が戦争なしにメリカjから返還された。喜ばしいことではないか。今更何を言っているのか。

 「国民と歴史に対する背信」は朝日新聞のお家芸だろうが。南京大虐殺、従軍慰安婦、靖国参拝問題。これらはすべて朝日新聞の報道・キャンペーンが国際問題煮まで発展させた。正に国民と歴史に対する背信である。

 「その責任を負う相手は、いま目の前にいる納税者や有権者だけではない。記録を残すことは、将来の国民に対する説明責任を果たすことでもあると、自覚して取り組んでほしい」

 なぜ、平時であるにもかかわらず税収よりも多額の赤字国債を発行したのか。しっかりと記録を残し、将来の国民に対する説明責任を果たしてもらいたい。


 毎日新聞

 「沖縄返還の財政負担をめぐる密約文書を開示するよう西山太吉・元毎日新聞記者らが求めた情報公開請求訴訟の判決で、東京地裁は密約があったと認定し外務省などに関連文書を開示するよう命じた。裁判所が日米密約の存在を明確に認めたのは初めてだ。判決は外務、財務両省のおざなりな調査も厳しく批判した。両省は判決を真摯(しんし)に受け止め徹底した再調査を行うべきだ」

 毎日新聞は当事者だ。そのくせに、「外務・財務省bに徹底した再調査を行うべきだ」と開き直っている。

 産経新聞が、「国家機密の扱いや報道の仕方、記者のモラルなどについて、毎日新聞も含めた報道機関が改めて考えてみる必要がある」と書いているが、毎日新聞の社説には、そのような反省の言葉が一言もない。政府を批判するばかりである。

 当事者のくせにこの鉄面皮さはどうか。日本人のメンタリティとはもはや相容れない。

« 「政策集INDEX2010」の作成取りやめ 選挙前に読まれたら誰も民主党になど投票しないだろう | Main | 「たちあがれ日本」結党を妨害する一部の新聞記事 どこの新聞かはもうわかるだろう »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48049498

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄「密約」判決についての各紙社説:

« 「政策集INDEX2010」の作成取りやめ 選挙前に読まれたら誰も民主党になど投票しないだろう | Main | 「たちあがれ日本」結党を妨害する一部の新聞記事 どこの新聞かはもうわかるだろう »