September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国艦艇の近海通過問題 中国艦載ヘリが護衛艦にまた接近 鳩山も岡田も辞任しろ! | Main | 「日本書籍」が撤退 他の「自虐史観」教科書会社も撤退して欲しい »

April 22, 2010

海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦

 時事ドットコムのページに、「海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋」という記事がある。「こうした行動は冷戦時代の旧ソ連も、自衛隊機や自衛艦に対して取ったことがない」という。支那はよほど日本を見下しているのだろう。

 小沢・民主党が政権与党になったことが大きく関係しているはずだ。小沢は2年連続、数百人規模で支那に「朝貢」外交した。1年目の野党時代には、国会を休んでまで支那訪問を優先した。

 政権をとってからの2回目の訪問時は、異様なほど卑屈な態度を取り、自分は人民解放軍の一司令官だ、とまで言っている。政権与党の幹事長の言うような言葉ではない。支那の軍門に下った、と言っているのと同じだ。

 民主党が政権の座にいる限り、支那は日本に対して強硬な態度を取り続けるだろう(そうでなくてもひどいのに)。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国海軍の駆逐艦が今月中旬、東シナ海で哨戒飛行中の海上自衛隊のP3C哨戒機に対し、速射砲の照準を合わせ、いつでも撃墜が可能かのように威嚇する行動を取っていたことが20日、日中関係筋への取材で分かった。

 こうした行動は冷戦時代の旧ソ連も、自衛隊機や自衛艦に対して取ったことがないといい、政府は外交ルートを通じ、中国に対し事実関係の確認を申し入れている。

 関係筋によると、中国海軍の駆逐艦が海自のP3C哨戒機に速射砲の照準を向けたのは、13日午後3時半ごろ。2種類の速射砲の照準を向け、いつでも撃墜できることを示した。

 P3Cは国際法にのっとった通常の哨戒飛行を行っていた

 これに先立ち、中国海軍の潜水艦2隻を含む部隊が10日夜、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、太平洋の硫黄島方面に進行。8日には、艦隊の艦載機とみられるヘリコプターが東シナ海で、護衛艦に対して水平距離90メートルを切るような近接飛行を行っている

 関係筋は「冷戦時代の旧ソ連さえやらなかったような行動を行っている」と分析。「中国海軍が太平洋や日本近海で何をしようとしているか、慎重に見極めなければならない」としている。
 ↑ここまで

« 中国艦艇の近海通過問題 中国艦載ヘリが護衛艦にまた接近 鳩山も岡田も辞任しろ! | Main | 「日本書籍」が撤退 他の「自虐史観」教科書会社も撤退して欲しい »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48154545

Listed below are links to weblogs that reference 海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦:

« 中国艦艇の近海通過問題 中国艦載ヘリが護衛艦にまた接近 鳩山も岡田も辞任しろ! | Main | 「日本書籍」が撤退 他の「自虐史観」教科書会社も撤退して欲しい »