September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 政権発足後、死刑ゼロ 裁判所の判決を無視するのか | Main | 民主執行部が生方氏を解任へ »

March 20, 2010

首相は夫婦別姓法案まで要求するのか 日本社会を潰す気か

 産経新聞のページに「夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす」という記事がある。ここは亀井氏に頑張ってもらわねばならない。

 夫婦別姓は日本の家族を破壊する制度である。子供の姓を夫か妻かどちらかに統一するといっているが、そのために、親戚まで巻き込んで、どちらの姓にするか大騒動になるのが、わからないのだろうか。

 夫婦別姓に賛成している女性は、よほど男性に恵まれなかったのだろう。夫と同じ姓を名乗れることが、どれだけ幸せか考えられないのだ。

 結婚で姓が変わる事によって社会生活で支障を生じるのなら、戸籍とは別に、仕事上だけ通称として別姓にすれば済む話だし、現実にそうしている女性(男性)もいる。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は20日、鳩山由紀夫首相と17日に会った際、選択的夫婦別姓制度を導入するための民法改正案について、国民新党が国会で反対することを容認する代わりに亀井氏自身は閣僚として閣議決定に応じるよう求められたことを明らかにした。亀井氏は拒否したという。首相は、自民党にも一部、法案に賛成する議員がいることから、政府が提出すれば国民新党が反対に回っても成立すると判断したとみられる。

 東京・有明で開かれた「夫婦別姓に反対し家族の絆(きずな)を守る国民大会」(呼びかけ人・ジャーナリストの桜井よしこ氏ら)で、亀井氏が語った。

 それによると首相は17日、亀井氏に「国会に出すだけ出させてください。国民新党は反対してもかまいません」と持ちかけたという。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相や千葉景子法相からも法案提出を認めるよう再三要請されていることも明かした。

 その上で、亀井氏は「孤立無援の戦いになろうとも、秋の臨時国会でこの法案が成立しないためにも死力を尽くしてがんばり抜く」と強調した

 集会には約5100人が参加し、民主党から吉田公一、長尾敬両衆院議員も出席した。自民党からは下村博文元官房副長官のほか衛藤晟一(せいいち)、山谷えり子、有村治子の3参院議員が出席。無所属の平沼赳夫元経済産業相も駆けつけた。吉田氏は「体を張って頑張って日本の伝統を守る」と法案反対を表明した。民主党議員が公の場で反対の立場を明確にするのは異例だ。

 集会では252万人の国会請願署名が集まったことが報告され、各党・会派の代表に署名簿が手渡された。夫婦別姓に反対する地方議会での議決を求める運動方針も確認した。
 ↑ここまで

« 政権発足後、死刑ゼロ 裁判所の判決を無視するのか | Main | 民主執行部が生方氏を解任へ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47862316

Listed below are links to weblogs that reference 首相は夫婦別姓法案まで要求するのか 日本社会を潰す気か:

« 政権発足後、死刑ゼロ 裁判所の判決を無視するのか | Main | 民主執行部が生方氏を解任へ »