September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« クラウド時代と<クール>革命 | Main | 在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人 »

March 10, 2010

日米密約報告についての各紙社説 朝日と毎日はいまだに「非核三原則」堅持だと

 朝日新聞の3月10日の社説は「日米密約報告―国民不在の外交にさらば」だ。社説で「今回、検証された密約は、いずれも米国側の情報公開や関係者の証言で、かなり以前から『公然の秘密』となっていた。にもかかわらず、歴代の自民党政権はその存在を否定し、国会でウソの説明を繰り返してきた」という。ではなぜ朝日新聞はその「公然の秘密」を新聞報道してこなかったのか。朝日新聞もまた同罪である。

 「壮大な虚構と、それを崩さないために演じられた悲喜劇に幕をおろすのを可能にしたのは、政権交代である」と、朝日は民主党をヨイショする。「壮大な虚構」を維持していたのはマスコミである。なぜ事実を報じないのか。自省すべきだ。また朝日新聞自身がつくりあげた虚構も沢山ある。「南京大虐殺」「従軍慰安婦」等々。「地球温暖化」を含めてもいいかもしれない。そもそも、「壮大な虚構と~政権交代である」という文章自体が虚構ではないか。

 朝日新聞は、「かつて核搭載艦が横須賀や佐世保などに寄港していたことは間違いあるまい。『核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず』という非核三原則との矛盾は覆いようがない」という。しかし、もし核持ち込みを公表したら、批判の先頭に立ち大騒ぎするのが朝日新聞ではないだろうか。現にこの社説でも「三原則堅持は当然だ」といまだに言い切っている。

 「現実に米国による日本への核持ち込みは考えられない。最悪事態の想定に引きずられて、三原則を見直すのは本末転倒でしかない」

 何が本末転倒なのか意味がわからない。最悪の事態を想定して備えるのが国家の務めだ。周囲を核保有国に囲まれているというのに、「核の傘」から出る積りなのか。であれば自前で核武装すべきだ(でなくても核武装すべきと、わしは考えているが)。

 「オバマ大統領が『核なき世界』を唱え、国際社会は核軍縮・不拡散への取り組みを強めている。三原則の堅持を足場に、できるだけ核への依存を低くした安全保障や北東アジアの平和構築に指導力を発揮することこそ、今の日本にふさわしい役割といえる」

 核も持たず、名目上の軍隊も持たない日本が、どうやって核保有国を相手に指導力を発揮せよというのか。拉致問題は一向に解決せず、ガス田や毒餃子問題は無視されている。これが「友愛」外交の現実だ。

 また、オバマ大統領は核兵器をなくすとは一言も言っていない。維持費を減らすために核兵器の数を減らすのと、核兵器が拡散するのを防ごうとしているだけである。

 全国紙でまだ影響力のある朝日新聞は、空想ではなく、現実を見据えた社説を書くべきである。読者を誤誘導し、誤った世論を形成させる。その結果の1つが民主党への「政権交代」である。責任を取れ、朝日新聞。

 毎日新聞も社説「日米密約検証 ウソのない外交で信頼を」で「非核三原則の堅持は妥当」と書いている。全く話にならない。

 読売新聞は社説「密約報告書 日米同盟強化へ検証を生かせ」で、「非核三原則の見直し」を主張している。

 「オバマ米大統領が提唱する『核なき世界』は、あくまで遠い将来の理想にすぎない。北朝鮮の核の脅威や中国の軍事大国化など日本周辺の現状を踏まえれば、米国の『核の傘』は不可欠だ」

 自前で核武装しない以上、これしかあるまい。

 そして読売は「文書公開を促進したい」と書き、「日本は従来、他国と比べて、公開に慎重すぎた。相手国が公開している内容さえ公開しないのは、外交関係への悪影響よりも、とにかく面倒は避けたいという安易な理由からではないか」という。朝日新聞は「どんなに困難だろうと、国民に理解を求める努力を試みるべきではなかったか」と無茶を言っているのに対し、読売は適当な時期が来たら密約を公開すればよいという。それが晩すぎたというだけだ。

 産経新聞の社説は、「『密約』報告書 非核三原則の見直し図れ 検証を同盟の未来に生かそう」という長いタイトルで、読売と似た内容になっている。

 「日本の究極の安全がかかっている核の問題で、当時の為政者らがとった対応は、国民の反核感情の強さと核抑止の必要のつじつまを合わせる『政治の知恵』だったともいえよう。沖縄返還など他の事例も、結果として日米同盟の維持・強化が担保されたのは事実であり、国民の利益と安全も守られたとみるべきではないか」

 このように極めて客観的な記述に努めている。これで米ソ冷戦時代の日本の安全が確保されたのだ。もちろん「憲法弟9条があるからではない」(爆笑)。

 で、鳩山首相はまだ「非核三原則を維持する」と言っている(又言うことが変わるかもしれないが)。さっさと首相をやめてほしい。

« クラウド時代と<クール>革命 | Main | 在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47776721

Listed below are links to weblogs that reference 日米密約報告についての各紙社説 朝日と毎日はいまだに「非核三原則」堅持だと:

« クラウド時代と<クール>革命 | Main | 在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人 »