September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 鳩山首相が21議員側に5500万円寄付 子分へのバラマキだ | Main | 「子ども手当法成立 理念忘れず持続可能に」 財源はどうするんだ毎日新聞 »

March 29, 2010

高校無償化と子ども手当 どちらも廃案にせよ

 産経新聞の29日の社説は、「無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援」だ。どちらも「目的や効果がいまだにはっきりしない」。

 子ども手当は、支給対象を日本国内に住所を有する者としており、日本在住の外国人には、外国に住んでいる子供にまで手当を与える。意味が全くわからない。税金の底無しの無駄遣いだ。

 逆に、外国在住の日本人の子供には手当は支給されない。日本人より外国人を優先している。

 高校無償化も、所得の多い家や、小学校の算数もろくに出来ないような高校生に金を出す必要はない。奨学金制度を充実させた方がよほど高校生のレベルが向上するだろう。それに義務教育ではないし。

 また、北朝鮮の出先機関のような朝鮮学校の生徒にまで金を出すというのは、言語道断だ。独裁国で日本人を拉致したテロ国家に出す金などないはずだ。「友愛」なら何でもいいのか。ならわしに金をくれ。

 冗談はともかく、大阪府の橋下知事のような毅然とした姿勢で法律を制定すべきではないのか。あまりにもザル法すぎる。民主党に政権運営能力などないのはわかっていたが、これほどひどいとは。日本の財政を破綻させる法律であることは間違いない。

 社説を記録のため、全文引用する。

 ↓ここから
 ■日本のためになる制度設計を

 鳩山政権が看板政策としていた子ども手当法が成立した。高校授業料無償化法案も近く成立の見通しだ。

 子ども手当は中学卒業まで1人月1万3千円を支給する。高校無償化は公立高校で授業料を徴収せず、私立高校生には世帯の年収に応じて年約12万~24万円を高校側に一括支給する。

 日本の少子化は急速に進んでいる。これまで後回しにされがちだった子育て支援政策を拡充したという面では意味がある。だが、外国人への支給要件をはじめ制度の中身は、あまりにも問題が多い。参院選前の支給を急ぐあまり、精緻(せいち)な設計を怠ったツケと言わざるを得ない。鳩山政権はただちに問題点を洗い出し、制度設計を根本的に見直すべきである。

 ◆クルクル変わる政策理念

 子ども手当と高校無償化の制度上における大きな問題点は、目的や効果がいまだにはっきりしないことだ。鳩山政権は「少子化対策」から「福祉施策」、「景気対策」まで、その場しのぎの説明を繰り返してきた。あいまいな政策理念では、きちんとした制度設計ができるはずがない。

 数ある課題の中でもとりわけ問題なのが、外国人の取り扱いだ。高校無償化法案では、私立高校などの在学生について支給対象を「日本国内に住所を有する者」としている。このため日本にある外国人学校の生徒へ支給される可能性がある一方、海外に住む日本人高校生には助成されない不公平が生じる。

 川端達夫文部科学相は国会答弁で、中華学校やドイツ、フランス系など教育課程が確認でき、本国の高校と同様の教育課程の外国人学校のほか、インターナショナルスクールなど国際評価機関の認定を受けている学校について支給対象とする方針を表明した。

 だが、教育基本法は「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず」と対象を「国民」に規定している。今回の法案は、この基本原則から外れている。国籍要件の盛り込みこそ検討すべき課題である。

 外国人を対象から外す場合、教育の機会均等という目的が損なわれるとの指摘もある。だが、日本の多くの学校の入試は外国人にも開かれており、「無償化されなければ機会を奪われる」というのは乱暴だ。低所得で進学が難しい外国人世帯には別途、支援策を講じる方法もあるのではないか。

 ◆置き去りの「国籍」要件

 さらに問題なのが、国交がなく教育課程が把握できない朝鮮学校の扱いだ。文科省は専門家の検討機関を設け、審査の仕方や判断方法を含め支給の是非について夏までに決めるとしている。

 朝鮮学校問題について、鳩山由紀夫首相らは「教科の内容で判断しない」としている。だが現代史などの教科書をみると、故金日成主席、金正日総書記父子を神格化する独裁者への個人崇拝教育など民主主義社会とは相容(い)れない。北朝鮮や朝鮮総連の強い政治的影響力を受けている朝鮮学校への支給に国民の理解は得られまい。

 外国人の取り扱いの問題点は子ども手当も同じだ。外国人が対象となり、海外に居住する日本人が外れるという矛盾が生じる。日本人の出生数減少に歯止めをかけようという本来の目的から大きく外れると言わざるを得ない。

 それどころか、子ども手当は支給条件に「子供の日本国内居住」を義務付けていないため、外国人が母国に残してきた子供にまで支給される。手当の財源は日本国民の税金だ。子供が外国で暮らしているケースにまで支給するのは、あまりにおかしい。

 政府は、自治体が相手国の証明書類などを厳格チェックすることで対応するとの考えを示しているが可能なのか。自治体関係者からは不安の声も上がっている。

 野党は「支給額が大きく、虚偽受給が横行する可能性がある」として法案修正を求めたが、長妻昭厚生労働相は「平成23年度の制度設計見直し時に検討する」とした。制度の不備であり、早急に対応すべきだった。これら外国人の取り扱いも考え直すべきだ。

 法案づくりの過程はほとんど公開されなかった。所得制限を設けなかったことも再考すべきだ。バラマキ批判だけでなく、少子化対策の効果としての疑問も出ている。低所得世帯を手厚くするなど、国民のニーズをきめ細かくとらえたメリハリのある支援策に改めなくてはならない。
 ↑ここまで

« 鳩山首相が21議員側に5500万円寄付 子分へのバラマキだ | Main | 「子ども手当法成立 理念忘れず持続可能に」 財源はどうするんだ毎日新聞 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47943525

Listed below are links to weblogs that reference 高校無償化と子ども手当 どちらも廃案にせよ:

« 鳩山首相が21議員側に5500万円寄付 子分へのバラマキだ | Main | 「子ども手当法成立 理念忘れず持続可能に」 財源はどうするんだ毎日新聞 »