September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「戦後」混迷の時代に | Main | James Cameron's Avatar: The Na'vi Quest »

February 08, 2010

加藤紘一氏「秘書の罪は議員の罪」

 産経新聞のページに「秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ」という記事がある。首相はかつて、「加藤氏について『もし鳩山由紀夫の秘書が同じことをすれば、国会議員バッジを外す』と述べた」のであるから、自ら潔く議員バッジを外すべきである。

 加藤氏の質問に首相はしどろもどろだったようだ。国会中継、見たかったなあ。(中継してなかったりして)

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鳩山由紀夫首相の資金管理団体の偽装献金事件をめぐり、自民党の加藤紘一元幹事長が8日の衆院予算委員会で質問に立った。首相は過去に加藤氏の秘書による脱税事件について「秘書の罪は国会議員の罪」と断罪していただけに、「因縁の対決」となった。

 加藤氏は、首相の当時の発言が自身に向けられたことには触れずに、「どうして過去と現在で発言が違うのか。首相になったから責任は取らないのか」と追及した。首相は後ろめたさからか、「今置かれた立場で考えたときに、責任の果たし方を自分なりにさまざま思いあぐねた中で考えたところだ」としどろもどろ。さらに加藤氏の追及を受け、「当然その責めは私自身にもある」と認めた。

 首相は平成14年3月の夕刊フジのコラムで、加藤氏について「もし鳩山由紀夫の秘書が同じことをすれば、国会議員バッジを外す」と述べた。加藤氏は秘書の脱税事件の責任をとって議員を辞職し、その後の衆院選で当選を果たした。
  ↑ここまで

« 「戦後」混迷の時代に | Main | James Cameron's Avatar: The Na'vi Quest »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47515903

Listed below are links to weblogs that reference 加藤紘一氏「秘書の罪は議員の罪」:

» 一阿のことば 33 [ガラス瓶に手紙を入れて]
今のマスコミや識者の言うことにフラフラついてゆくと、とんでもない所へ行ってしまい ます。 [Read More]

« 「戦後」混迷の時代に | Main | James Cameron's Avatar: The Na'vi Quest »