September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 安倍元首相が批判 | Main | Rainbow Deutschland Tournee 1976 »

December 13, 2009

米大統領 「友愛の船」無関心

 13日の産経新聞に、「米大統領 『友愛の船』無関心 11月会談、鳩山首相の説明遮る」という記事がある。オバマ大統領は、日米首脳会談の途中で鳩山首相の「友愛の船」構想の話を途中でさえぎったという。当然だろう。実現不可能なクソ話を聞かされてはたまらない。オバマ大統領は核兵器廃絶を主張しているが、現実問題として「核の傘」を捨てようとはしない。これが現実だ。

 夢物語を本気で語る首相の下で日本は沈没しつつある。

 記事を引用する。
 ↓ここから
11月の東京での日米首脳会談で鳩山由紀夫首相が持論のアジアでの「友愛の船」構想を語り始めたところ、オバマ大統領が関心のなさをあらわにして首相の話を中断し、別の話題を持ち出したことが11日までに明らかにされた。両首脳の対外姿勢の“ミゾ”を示す傍証として注視される。
 首脳会談は9月のニューヨークに次いで第2回が11月13日に東京で催された。会談は約90分も続いたが、両政府間の協議の内容などに詳しい日米関係筋が明らかにしたところによると、会談の途中で鳩山首相が「友愛の船」構想を持ち出し、説明を始めた。「友愛の船」は鳩山首相が「東アジア共同体」創設に向けた環境整備の一環と位置づけた構想で、自衛艦に自衛隊員だけでなく非政府組織(NGO)やアジア諸国の人たちを乗せ、災害救援などに活用する計画という。

 ところが同筋によると、オバマ大統領は鳩山首相が説明を続けている最中に、話を露骨に遮る形で発言し、在日米軍など日米安保にかかわるテーマを持ち出し協議を続けた。このため鳩山首相の「友愛の船」についての語りかけは完全に中断となったという。

 この展開について同筋は「オバマ大統領があえて相手の話を途中でさえぎってまで話題を変えたのは鳩山首相の『友愛の船』という案にまったく無関心か、あるいはかなり強い反発を覚えていたからだろう」という解釈を明らかにした。

 オバマ政権は鳩山首相の唱える「東アジア共同体」構想には当初から批判的で、米国を排しての「アジア共同体」は不安定の要因となるとの立場を明確にしている。だが鳩山首相はオバマ大統領との会談翌日の11月14日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)で演説して、「友愛の船」構想を正式に発表した。
 ↑ここまで

« 安倍元首相が批判 | Main | Rainbow Deutschland Tournee 1976 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/47007696

Listed below are links to weblogs that reference 米大統領 「友愛の船」無関心:

« 安倍元首相が批判 | Main | Rainbow Deutschland Tournee 1976 »