September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ビラ配布有罪確定 | Main | 日韓歴史共同研究など税金と時間の無駄遣いだ »

December 01, 2009

やっぱり「ビラ配り有罪―合点いかぬ最高裁判決」と書く朝日新聞

 朝日新聞の1日の社説は「ビラ配り有罪―合点いかぬ最高裁判決」だ。相変わらず世間の常識とかけ離れている。

 「『チラシ・パンフレット等広告の投函(とうかん)は固く禁じます』。こんな張り紙のあるマンションの共用部分に入り、政治的なビラを配ることが、これほど罰せられなければならないのだろうか。そうした行為が摘発され、起訴された裁判で、またも最高裁が有罪の結論を出した」

 普通は共用部分にまでは侵入しない。わしの知っている話で、朝日新聞の勧誘員が夜の9時頃にマンションの共用部分に不法侵入し、1件ずつドアベルを鳴らして勧誘していたことがある。だから、自分たちの利益に合致すれば不法侵入や住民の不安などどうでもよいのであろう。朝日新聞も日本共産党も。

 「最高裁は『表現の自由といえども、その手段が他人の権利を不当に害するものは許されない。管理組合の管理権だけでなく、私生活の平穏も侵害するのだから、罪に問われても違憲とはならない』と退けた」。当然だ。

 しかし朝日新聞は「宅配ピザなど、商用チラシの同じような配布は珍しくない。判決は政治ビラに的を絞った強引な摘発を追認したといわれても仕方がない」という。朝日にとっては商用ビラとアジ(政治)ビラは同じレベルなのか。前者は喜ばれるかも知れないが、後者は思想・信条の自由に関わるものだ。ということは、朝日新聞もピザのチラシと変わらないということでいいのだな。そういう理屈になる。

 「見知らぬ人が集合住宅の共用部分に勝手に出入りすることに抵抗感を覚える人は少なくない。犯罪の不安もある。だからといって、ビラを配っている人を逮捕して刑事罰を求めるというのは乱暴すぎる。たいていは住民と話し合えば解決する問題だろう」。

 話し合って解決するような人物なら、自己の非を認め、二審判決で罪に服しているだろう。

 「ビラを配る側からすると、住民や管理人に承諾を得る機会がないとき、玄関の近くにある集合ポストにビラを入れることさえ、逮捕の対象になるのだろうか。こうした疑問への答えは判決からは見いだせない」。

 常識的に考えて、集合ポストにビラを入れるのなら逮捕する必要はなかろう。共用部分に侵入していないのだし、不要なビラなら捨てればよいだけだから。不法侵入して直接ビラを配るから、判決のように「私生活の平穏も侵害する」のだ。朝日新聞にはそれがわからないようで、「こうした疑問への答えは判決からは見いだせない」と書く。本気で書いているのなら、論説委員などやめてしまえ。

 「強引な捜査とあいまいな司法判断は、自由な政治活動が萎縮(いしゅく)する、息苦しい社会を招きかねない」。

 不法侵入とアジビラで住民の生活がおびやかされてもいいという訳だ。どちらが息苦しいかははっきりしている。産経ならベタ記事扱いの内容を、社説をにつこく書いているとは...。今の日本や政治を見ていたらそれどころではなかろうに。掲載基準が読者の視点ではなく、朝日新聞の視点になっているのではないだろうか。

« ビラ配布有罪確定 | Main | 日韓歴史共同研究など税金と時間の無駄遣いだ »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/46906164

Listed below are links to weblogs that reference やっぱり「ビラ配り有罪―合点いかぬ最高裁判決」と書く朝日新聞:

« ビラ配布有罪確定 | Main | 日韓歴史共同研究など税金と時間の無駄遣いだ »