September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« July 2009 | Main | November 2009 »

August 2009

August 14, 2009

民主党マニュフェストのおもてとうら

 Blog「閣下の憂鬱/NEO」さんに、「民主党マニュフェストのおもてとうら」という画像が貼ってある。転載させていただく。

 民主党と言えば、日本の安全保障や国境問題、自衛権、靖国参拝問題、中国や朝鮮・日教組に言いなりの教育、従軍慰安婦問題、等々日本国を壊滅させるかのような政策を集中してきた。マニュフェストからが除外したが、在日外国人への参政権付与(国、地方とも)や、二重国籍を認めるなど、国家を実質的に無力化しようとしているのだ。

 このような話だけでなく、われわれ一般人の日常生活にも大きな影響を与えることがわかる。民主党はマニュフェストの悪い部分はひた隠しにし、選挙で勝とうとしているのだ。そのような不正を暴くのもまたマスコミの仕事であろうに。野党寄りの偏向報道ばかりしてはいけない。

Minsyutounonoura

 読んで欲しい本としては次のものがある。

 田村重信「なぜか誰も書かなかった民主党研究」(法律文化社)
 宇田川敬介「民主党の闇」(成甲書房)
 産経新聞政治部「民主党解剖」(日本工業新聞社出版局)

 あと、「文藝春秋9月号」で、「政権交代前夜 誰も知らない民主党研究」という特集を組んでいる。

 ・鳩山由紀夫「個人資産86億円」のルーツ
 ・右「前原」から左「菅」まで「民主党の人々」
 ・「次期文科相」輿石東と日教組の蜜月
 ・16兆円マニフェストを検証する
 ・小沢チルドレン100人で「田中派」復活
 ・「高速無料化」最後に笑うのは役人だ
 ・民主政権で「特捜検察」が消える日

 政権交代で良い事など1つもない。こういった本を読んでテレビや新聞報道のムードにながされずに投票して欲しいものだ。でもどうせ本などよまないものなあ、バカ無党派層は。

August 05, 2009

「歪曲歴史教科書を採択」という記事そのものが「歪曲」

 中央日報のページに「横浜市、歪曲歴史教科書を採択」という記事がある。日本政府の検定を通過した教科書を「歪曲」と公言することがまず失礼だ。韓国の中学校では「日本に核兵器を落とせ」とか「日本人を皆殺しにしよう」といったテーマの絵を描かせたりしている。非常識この上ない。日本ではそのような教育は一切していない。ついでに言うと韓国の学校制度は日本統治時代に作ったものだ。その結果として就学率や識字率が大幅に向上しているのだが。

 記事でいうところの「歪曲」の内容を見る。

 「韓国・日本学界で否定されている任那日本府説を記述」とあるが、日本学会では否定されていない。任那日本府乃至日本の勢力圏が朝鮮半島南部に存在したと考えられている。

 「東アジアで日本だけが独自の年号を使った」のもその通りだ。大化の改新後に「大化」という元号を用いたのは事実だ。日本だけが華夷秩序からいち早く脱却したのだ。聖徳太子が遣隋使の小野妹子に託した国書を見てもそれがわかる。それに対して朝鮮は「朝鮮」という国号自身を中国(明)から戴いている。

 「地政学的な位置に基づいた『韓半島脅威説』を強調し、日帝の韓半島侵略と支配を合理化している」というがその通りである。李氏朝鮮は国家としての体をなしておらず、中国(清)やロシアの脅威に独自で対抗できなかった。朝鮮はその時々に応じて日本や清やロシアにつく「事大主義」を取った。まず自らの行動を反省すべきだ。また、「日帝の韓半島侵略」ではなく、朝鮮統治である。日本は朝鮮半島を統治したが、地政学以外の理由で何ら利益がなかった。朝鮮半島の安全保障まで日本の負担で肩代わりしていたのだ。何が「侵略」「支配」か。言葉を考えて使え。

 「従軍慰安婦に関する記述も抜けている」。日本が強制して慰安婦にしたのではないのだから当然だ。韓国では1980年すぎまで、売春を売り物にして海外から観光客を呼び寄せていたではないか。今でも売春・買春目的で海外に出稼ぎにいく韓国人が多く、世界中から顰蹙を買っている。ましてや戦前の、身売りもあった貧しい時代のことを、日本のせいにするには日本を貶める行為だ。

 「朝鮮については不適切な植民地用語である『李氏朝鮮』と表記」とあるが、李氏朝鮮は日本ではれっきとした歴史用語だ。朝鮮人が李氏朝鮮の腐敗や堕落した事実を見たくないだけではないのか。人口の約半数が両班(支配階級)になって、残り半数の人々から搾取しまくるような国は李氏朝鮮以外に知らない。

 「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を『出兵』と表現している」というが、「壬辰倭乱」という呼び方のほうが失礼千万である。まず「倭」というのが日本を見下しているということと、「乱」というのが目下のものが上に逆らうという意味だからである。豊臣秀吉の意図は弱体化した明の征服であり、朝鮮半島は通路でしかない。「出兵」というのが妥当だ。ついでにいうと、文禄の役で、王宮の扉を開けて日本軍を招きいれたのは朝鮮人であったとか、救援にかけつけた明の兵が朝鮮で暴虐をはたらいたという事実もある。

 どちらが「歪曲」かは明らかだろうが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
日本の横浜市が今年4月に政府の検定を通過した歴史歪曲中学校教科書を採択した。

共同通信など日本メディアによると、神奈川県横浜市教育委員会は4日、「新しい歴史教科書をつくる会」(つくる会)が主導した自由社の中学校歴史教科書を市内18区のうち8区の市立中学校で来年から2年間使用することにした。日本の地方教育委員会が自由社版歴史教科書の使用を決めたのは初めて。

これを受け、横浜の中学校145校のうち71校の約3万9000人がこの教科書で歴史を習うことになった。その他の中学校は東京書籍など自由社以外の教科書で教える。

自由社の中学校歴史教科書は扶桑社の教科書と同じように、韓国・日本学界で否定されている任那日本府説を記述し、東アジアで日本だけが独自の年号を使ったと主張している。また地政学的な位置に基づいた「韓半島脅威説」を強調し、日帝の韓半島侵略と支配を合理化している。

従軍慰安婦に関する記述も抜けている。朝鮮については不適切な植民地用語である「李氏朝鮮」と表記し、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を「出兵」と表現している。
 ↑ここまで

« July 2009 | Main | November 2009 »