September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「野党が財源のことを責任を持って申し上げる必要はない」という民主・鳩山 | Main | 「歪曲歴史教科書を採択」という記事そのものが「歪曲」 »

July 28, 2009

10年先も見据えない民主党の政策

 産経新聞のページに「『言われる筋合いない』 鳩山氏、財源問題で反論」という記事がある。財源の裏付けなどないから、説明などできず、反発しているだけだ。「故人献金」もそれで押し通している。

 ひどいのは、鳩山の「衆院選公約は『最大4年間で何をやるか』という国民との約束だ。10年以上先の話をされても次の総選挙で問えない」という発言だ。10年先も考えていない目先だけの政策など社会を混乱させるだけではないか。民主党の政策は個々をみると口当たりのよいことが多く書かれているが、全体の整合など取れていないし、長期的な視点などない。そもそも日本はどうあるべきかという柱が存在していないのだ。

 こんな政党に日本を任せるつもりなんですかねえ。>愚民。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の鳩山由紀夫代表は28日の宮崎市での街頭演説で、民主党公約に対する与党側の「財源が不明確」との批判に「言われる筋合いはない」と強く反発し、「できるだけ細かく調査をして必要な財源を手当てした。必ず実現する」と強調した。

 自民党が衆院選マニフェスト(政権公約)に明記する方針の「2020(平成32)年までに世帯あたり可処分所得平均100万円増」に関しては「衆院選公約は『最大4年間で何をやるか』という国民との約束だ。10年以上先の話をされても次の総選挙で問えない」と批判した。
 ↑ここまで

« 「野党が財源のことを責任を持って申し上げる必要はない」という民主・鳩山 | Main | 「歪曲歴史教科書を採択」という記事そのものが「歪曲」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/45766850

Listed below are links to weblogs that reference 10年先も見据えない民主党の政策:

« 「野党が財源のことを責任を持って申し上げる必要はない」という民主・鳩山 | Main | 「歪曲歴史教科書を採択」という記事そのものが「歪曲」 »