September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日新聞は「首相は堂々と信を問え」と言うが、鳩山の「故人献金」は追求しない 偏向している | Main | 鳩山架空献金についての各紙社説 »

July 01, 2009

鳩山の匿名献金が突出 釈明はやはり嘘だ

 朝日新聞のページに「匿名献金が突出 鳩山代表、5年で2億3千万円」という記事がある。記事によると、「5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多い」ということだ。

 個人献金は十分にあるのだ。秘書がわざわざ「故人献金」の形にしてまで、献金を増やす必要などないことになる。鳩山の「個人献金を多く見せるために経理担当者が操作した」という釈明は矢張り嘘だろう。

 もっと言うと、鳩山は「経理担当者に任せていた普通預金から、埋め合わせに使われた」と説明している。これは所得隠し・脱税になるのではないか。個人所得から「個人(故人)」が献金した非課税の政治献金へとマネーロンダリングした、という訳だ。

 なぜマスコミがちゃんと追求しないのか不可解でしかない。これがもし自民党の議員なら徹底的に糾弾するであろうに。腐れマスコミが余りにも多すぎる。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書で、5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多いことがわかった。

 匿名の個人献金の処理についても、「故人献金」で今回問題になった公設秘書が担当したという。謝罪会見で記者が「5万円以下の匿名献金も一定額ある」と指摘すると、調査にあたった弁護士は「その部分は終わっていない。調査を続ける」と説明した。

 政治資金規正法は、政治家の活動資金に透明性を持たせる観点から、献金者の氏名と献金額を収支報告書に記載することを義務づけている。ただし年間5万円以下、税の控除を受けないなどの条件を満たす小口の個人献金者は氏名や住所を記す必要がなく、「その他献金」として合計のみを記載すればよいとしている。

 修正前の03~07年の収支報告書によると、鳩山氏が集める個人献金は年間約5千万~1億1千万円で、与野党の代表クラスの政治家の資金管理団体と比較しても抜きんでている。ここ5代の自民、民主党の総裁、代表経験者と比較しても(表参照)、総額で突出している

 さらに、鳩山氏の個人献金のうち、匿名の小口献金である「その他献金」は03年が約8千万円、04年約4600万円、05年約4千万円、06年約3700万円、07年約2800万円となっている。年平均で約4600万円は、他の総裁、代表経験者の平均約140万円を大きく上回る。03年は少なくとも1500人以上の匿名者からの小口献金があったことになる。

 「その他献金」の扱いは法にのっとった処理であり、それ自体に問題はないが、今回の「故人献金」のように実際に献金したかどうか、第三者が直接確認することはできない。

 鳩山氏は企業団体献金を禁止して個人献金を推進する立場。税額控除を強化するよう主張もしている。自らの場合は、税額控除の対象とならない匿名献金が多いという矛盾を抱えた格好だ。
 ↑ここまで

« 朝日新聞は「首相は堂々と信を問え」と言うが、鳩山の「故人献金」は追求しない 偏向している | Main | 鳩山架空献金についての各紙社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/45506775

Listed below are links to weblogs that reference 鳩山の匿名献金が突出 釈明はやはり嘘だ:

« 朝日新聞は「首相は堂々と信を問え」と言うが、鳩山の「故人献金」は追求しない 偏向している | Main | 鳩山架空献金についての各紙社説 »