September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« NHK「JAPANデビュー」の問題点 | Main | 全面広告「NHKの大罪」 »

June 28, 2009

韓国は北のミサイル基地先制攻撃を容認

 読売新聞のページに「核の脅威『敵地で遮断』、韓国が先制攻撃明示」という記事がある。韓国が「国防改革基本計画」に、北朝鮮のミサイル基地の先制攻撃を明記した。前大統領までは朝鮮戦争が継続中だったのを忘れていたかのようだった(休戦中)。南北が(北により)統一されたら、朝鮮半島が核武装されるので安全という話さえあった。もちろん日本が仮想敵国だ。現実を無視したとんでもない話であった。

 韓国が先制攻撃を容認したのだから、日本の先制攻撃論を批判することはできなくなった。結構なことだ。

 とはいえ、日本はまだ眠っているようだ。敵基地の先制攻撃もだめ、核兵器保有もだめ、ミサイルを打ち落としてもだめ。どうやって日本や日本人を守るのか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
韓国国防省は26日、朝鮮半島有事の際、北朝鮮全域のミサイル基地などに対して先制攻撃する概念を盛り込んだ「国防改革基本計画」を発表した。

 2020年を目標として関連兵器の整備を進める。北朝鮮が核実験を強行するなど核・ミサイル開発を進め、韓国が攻撃を受ける懸念が高まっていることを契機に、「対応能力を再評価、補完」したという。先制攻撃の概念が明示されたのは初めて。米韓同盟における韓国の役割を強化することになる。

 発表された「計画」は、対北朝鮮融和政策を取った盧武鉉(ノムヒョン)政権が05年に策定した国防計画を見直すもの。北朝鮮の核とミサイルの脅威を「敵地域(北朝鮮)で最大限遮断、除去」するため、北朝鮮がミサイル発射の動きを見せた場合を想定して「監視、偵察、精密打撃、迎撃能力などを拡充」するとした。

 国防省によると、北朝鮮の核ミサイル発射準備などの兆候を弾道弾早期警報レーダーや無人偵察機で把握しミサイル基地を攻撃。それでも飛来したミサイルは迎撃して撃ち落とすシナリオだという。同省は、戦時作戦統制権が12年、在韓米軍から韓国軍に移管されるのをにらみ、米軍に依拠していた北朝鮮を攻撃できる能力を韓国自らも高める狙いだとしている。

 「計画」では、首都圏への長射程砲による攻撃に備えるため、F15戦闘機やGPS誘導爆弾などを大幅に増強することも明記した。戦時に創設されることになっている4師団を平時から編成し、開戦当初から迅速な対応が取れるようにすることも盛り込んだ。また、海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い黄海上の島では、海兵隊を増員する。
 ↑ここまで

« NHK「JAPANデビュー」の問題点 | Main | 全面広告「NHKの大罪」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/45472998

Listed below are links to weblogs that reference 韓国は北のミサイル基地先制攻撃を容認:

« NHK「JAPANデビュー」の問題点 | Main | 全面広告「NHKの大罪」 »