September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日本国民の安全を考えない朝日新聞社説 | Main | 鳩山由紀夫の「売国」訪韓 »

June 06, 2009

太陽の活動低下、ミニ氷河期到来か? 地球温暖化は嘘八百!

 朝日新聞のページに「弱る太陽 活動200年ぶりの低水準」という記事がある。太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいて、このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性があるという。

 元々、地球温暖化など科学的根拠の無い大法螺である。2000年に入ってから地球の平均気温は低下している。

 この記事も地球温暖化の嘘をあばく1つになろう。

 地球温暖化で氷がとけて小学生が腰まで水に浸かるようなCMをつくるなど、恐怖心をあおっている朝日新聞は即刻謝罪すべきである。

 記事を引用する。

 ↓ここから
太陽観測衛星「ひので」がX線でとらえた今年3月の太陽。活動が低く、暗い部分が多い=国立天文台提供
 太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。

 太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

 ところが、ベルギーの太陽黒点数データセンターによると、黒点の多さを表す「相対数」は08年が2.9で、過去100年で1913年の1.4に次ぐ2番目の少なさだった。今年はさらに減り、4月までの暫定値が1.2と、1810年の0.0以来の低水準に落ち込んだ。

 太陽から放出される陽子などの流れ(太陽風)も07、08年は過去数十年とまったく違う。静穏期の太陽風は遅い風が赤道に、速い風が北極と南極に集まるが、名古屋大太陽地球環境研究所の観測では、07、08年は赤道付近にも速い風が多く現れた。徳丸宗利教授は「太陽の磁場が弱まっている影響だろう」という。この磁場の弱まりも、黒点の減少と関係があるとみられる。

 太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17~18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

 国立天文台の常田佐久教授は「X線や光も弱まっている。今後、再び黒点が増えても、従来のような活発さになると考える太陽研究者は少ない」と話す。
 ↑ここまで

« 日本国民の安全を考えない朝日新聞社説 | Main | 鳩山由紀夫の「売国」訪韓 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/45255808

Listed below are links to weblogs that reference 太陽の活動低下、ミニ氷河期到来か? 地球温暖化は嘘八百!:

« 日本国民の安全を考えない朝日新聞社説 | Main | 鳩山由紀夫の「売国」訪韓 »