September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 新装版 うる星やつら 13 | Main | 「在日韓国人ら新証明書携帯不要に」 不法滞在を助長するのか »

May 24, 2009

盧武鉉前大統領の自殺についての各紙社説

 韓国の盧武鉉前大統領が自殺した。自業自得だ。韓国では儒教思想により、公的な立場や権力を私物化し、血縁者に利益を供与するのが常態化している。今までの大統領のほとんどが辞めた後に罪に問われているのはそのためだ。諸外国からみれば異常な国家である。

 血縁者への賄賂だけの問題ではない。盧武鉉前大統領は、反日・反米を強く押し出し、新北朝鮮姿勢を明確にしていた。北朝鮮の延命に手を貸したのは明白であり、世界に与えた損失は死んで償えるものではないのだ。

 このような事実を踏まえて、各紙が社説を書いているかというとそうではない。24日の各紙社説の見出しを書く(産経は別テーマであった)。

 読売: 盧武鉉前大統領 疑惑の中での尋常ならざる死
 毎日: 盧武鉉前大統領 衝撃的な最期だった
 朝日: 盧前大統領の死―隣国の政治の悲劇を思う

 最も上記視点に即して書いているのが読売だ。次いで毎日、朝日の順になる。予想通りではあるが。

 読売の社説を読めば、上記視点をおおむね網羅している。社説から抜粋する。

 ↓ここから
 疑惑の渦中にあった韓国の前国家元首の尋常ならざる死である。
 (略)
  検察当局は前大統領の死を受けて捜査の打ち切りを決め、盧武鉉氏にかけられた疑惑の全容は解明されずに終わることになった。
 (略)
 盧武鉉氏の悲劇は、韓国の“政治文化”の所産とも言える。

 大統領に強大な権力が集中するシステムのもと、私利私欲を求める勢力が地縁血縁を利用して大統領周辺に近づき、家族、側近たちもカネまみれになる醜態が、歴代政権で繰り返されてきた。
 (略)
 盧武鉉前政権の時代、日韓関係は、歴史認識や竹島問題で冷え込み、首脳同士のシャトル外交もストップした。

 当時、韓国は一方的な北朝鮮支援に傾く融和政策に固執し、そのため日本や米国との安全保障関係はぎくしゃくした。
 (略)
 ↑ここまで

 毎日新聞は普段韓国・北朝鮮寄りの社説を書いている割には抑制されている。悪い面もちゃんと書いているのが以外であった。毎日の社説から抜粋する。

 ↓ここから
 (略)
 金大中(キムデジュン)政権の後継者として出馬した大統領選では、経済発展を主導した「既得権勢力」への敵意や反米感情をあらわにして、新世代の国民の共感を得た。大統領在任中も国会の弾劾訴追を受けるなど波乱が続き、米国や日本とも摩擦を起こして「革命政権のようだ」と評された。任期末が迫って実現した金正日(キムジョンイル)総書記との南北首脳会談では、次期政権が履行できないような大盤振る舞いの支援約束をして禍根を残した。

 このように「信念を貫く」一方で激越さが目立ち、和合の精神に乏しい政治家だったが、死去を受けて、金大中元大統領が「民主政権10年を共にした人間として、私の体の半分が崩れたような心情」だと述べただけではない。インターネットの各種サイトには追悼の書き込みが殺到している。歴史的評価はともかく、一時代を作った人であった。
 (略)
 ↑ここまで

 朝日新聞は読売とも毎日とも違い、相変わらず思い込みや事実歪曲による社説だ。

 前大統領の自殺を「『歴史の清算』を目指したのにできず、司法の裁きに耐えかねたのだろうか」と書く。これは朝日の想像にすぎない。韓国ですら自殺の理由がはっきりしていないのだ。「歴史の清算」云々を持ち出すのは、自殺の理由の一部を日本のせいにしようとしているように思える。

 また、朝日新聞は「曲折はあっても、韓国には独裁から民主への一貫した流れがある」と書くが嘘だ。金大中や盧武鉉は、大統領時代に親北政策をとり、北朝鮮に韓国を併合させるかのようであった。韓国内に親北左派が増大したのは事実である。「民主への流れ」とは正反対であった。毎日の社説にあるように金大中が「私の体の半分が崩れたような心情」というのももっともである。

 にもかかわらず朝日新聞は平気で嘘を書く。「民主主義を深めて市民社会を成熟させ」たというのもどうか。左翼市民がデモやストを繰り返し、社会を混乱させたのではなかったか。社説から抜粋する。

 ↓ここから
 (略)
 かつて政権と検察の癒着が激しかったが、盧氏は検察の独立を保証し、陪審制導入を含む司法改革を支えた。過去の権力犯罪の解明にも切り込んだ。

 そういう盧氏も旧弊は断ち切れなかったということか。「歴史の清算」を目指したのにできず、司法の裁きに耐えかねたのだろうか。
 (略)
 曲折はあっても、韓国には独裁から民主への一貫した流れがある。そしてこの20年あまり、民主主義を深めて市民社会を成熟させ、経済の発展という輝かしい成果をあげてきた。
 (略)
 ↑ここまで

« 新装版 うる星やつら 13 | Main | 「在日韓国人ら新証明書携帯不要に」 不法滞在を助長するのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/45115247

Listed below are links to weblogs that reference 盧武鉉前大統領の自殺についての各紙社説:

« 新装版 うる星やつら 13 | Main | 「在日韓国人ら新証明書携帯不要に」 不法滞在を助長するのか »