September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 就活学生にタダ働きさせるソフトバンク 非常識すぎ | Main | 日本の「誤探知」をトップ報道する朝鮮日報 »

April 07, 2009

ミサイル誤発表など構わぬ

 北朝鮮のミサイル発射予定日初日の4日、政府が「ミサイル発射」の誤報をした。野党がこぞって政府を批判しているようだが、国難に及んでもまだ政府・与党を攻撃しているのは、醜悪としか思えない。共産党や社民党は言うに及ばないが、民主党も日本や日本国民を守る積りなど毛頭ないのだろう。

 時事通信のページに「野党、誤発表を一斉批判=『いいかげんな政府』『大失態』」という記事がある。民主党の鳩山が「政権交代」などと言っている。バカの一つ覚えだ。引用する。

 ↓ここから
 野党各党は4日、北朝鮮の弾道ミサイル情報に関する政府の誤発表について「いったい(麻生)政権は何をやっているのか」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などとそろって批判した。徹底した原因究明を求めるとともに、麻生政権の危機管理能力の甘さを追及する方針だ。

 鳩山氏は、大阪府東大阪市での集会で「むやみに動揺するより、冷静に対処することの方がはるかに大事だ。いたずらに危機感をあおりすぎることも国際的に問題だ」と指摘。その上で、「このようないいかげんな政府は国民のためにならない」と述べ、政権交代の必要性を訴えた

 共産党の志位和夫委員長は長野市で記者会見し「国民に緊張、不安、混乱を招く。お粗末ということに加え、責任は重い」と非難した。社民党の福島瑞穂党首も取材に対し、「政府の大失態ではないか。間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」と語り、原因究明と情報公開を要求した。

 国民新党の亀井久興幹事長は「国民がピリピリしている状況だから、きちんと対応してくれないと困る。無用な混乱を招きかねない」と述べた。
 ↑ここまで

 民主党をはじめとする野党はミサイル阻止に向けて何をしてきたのか。政府を批判する資格などなかろう。またこのようなミサイル迎撃体制をとるのは初めてのことだ。1998年など知らぬ間に今回と同じようなコースをミサイルが通過してしまっていた。当時と比べたら、格段の進歩である。誤報など些細なことだ。

 同じく時事通信のページに、「橋下大阪府知事「誤探知」仕方ないこと=斉藤環境相は陳謝-堺」という記事がある。橋本知事は「仕方のないこと。敏感に情報収集する方が危機管理としてはいい」と話している。その通りだと思う。抜粋する。

 ↓ここから
 斉藤鉄夫環境相と橋下徹大阪府知事が4日午後に堺市内で会談する直前、北朝鮮がミサイルを発射したとの情報が入り、同省と府の担当者が「会談中止か」とあわてる場面があった。すぐに「誤探知」と判明、午後1時からの会談は30分で無事終了したが、関係者からは「人騒がせな」との声も。会談後、橋下知事は「仕方のないこと。敏感に情報収集する方が危機管理としてはいい」と記者団に述べ、政府の対応をかばった。
 ↑ここまで

 ミサイル発射を検知するのだから過敏な方がよかろう。検知できなかったのであれば、問題にすべきだ。もちろん誤報などない方が良いので今後の改善課題にしないといけない。しかし政府を攻撃するほどの事ではない。戦後初めての事だし十分及第点だろう。むしろ、ミサイル発射後の今後の日本の対応が重要だ。

 一部マスコミがまた誤報で大騒ぎするのだろうと思っていたら、矢張り朝日新聞が大々的に批判報道をしているという。Blog「博士の独り言」さんに、「朝日新聞が日本を守れるのか?」という投稿がある。一部を引用させてもらう。

 ↓ここから
 だが、朝日新聞朝刊(4月5日)の「誤報」報道は、他紙に比較すれば異様なまでに大きく紙面(1,2,35面)を割いている。表題はその2面記事の一部だが、ここぞとばかりに、野党と“与党”の批判を伝えている。云く、「野党からは批判が相次いだ。民主党の鳩山由紀夫幹事長は奈良県橿原市での街頭演説で「大失態だ。国民に大変な不安を与えた」。共産党の志位委員長も長野市での講演で「お粗末で責任のない危機対応だ」と語った」と。
 ↑ここまで

 また、朝日新聞は、ミサイル発射後の6日に、「日本は騒ぎすぎ」という記事を載せている。まるで北朝鮮を擁護するかのようである。記事は、東亜日報とニューヨーク・タイムズの外国人特派員に聞いた話をそのまま伝えているにすぎないのだが、見出しは「『日本は軍事的脅威に免疫ない』 駐日特派員の見方」で、この意見が全てであるかのような印象を与えている。朝日の意に添う2人の意見のみを意図的に載せたのではないか。この記事に読者から批判があったとしても、「特派員の意見ですから」と朝日は責任を逃れることができる。姑息である。

 その記事を引用する。

 ↓ここから
 今回の発射に対する日本社会の反応をどう見るか。東京に駐在する外国人特派員2人に聞いた。

■韓国紙・東亜日報の徐永娥(ソ・ヨンア)・東京支局長(43)

 発射予告の後、日本社会は全体的に神経をとがらせすぎていたように見えた。まるで戦争が迫っているかのように伝えたメディアもあった。

 北朝鮮の意図は国際社会の注目を集めることだから、残念ながら日本について言えば、成功してしまっている。韓国に比べて日本は全体的に軍事的脅威に対する免疫がないのではないかとも思う。

 4日には防衛省で情報伝達ミスがあった。緊張した場面でこのようなミスがあるようでは、本当に軍事的に重要な局面できちんとした対応ができるのか不安になる。

■ニューヨーク・タイムズのマーティン・ファクラー東京支局長(42)

 ワシントンやソウルの冷静さに比べて、日本は騒ぎすぎた。北朝鮮は、米国がオバマ政権になりあまり注目されなくなったから、パフォーマンスをやっているだけ。

 拉致問題もあり敏感になるのは分かるし、政治家は総選挙前で国を守っているところを見せたかったのだろうが、北朝鮮に攻撃の意図がないことは分かっていたはず。バランスに欠け、パフォーマンスに負けたと言える。誤報は、緊急事態の経験不足で起きたのだろうが、全体から見れば大きな問題ではないと思う。
 ↑ここまで

« 就活学生にタダ働きさせるソフトバンク 非常識すぎ | Main | 日本の「誤探知」をトップ報道する朝鮮日報 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44599268

Listed below are links to weblogs that reference ミサイル誤発表など構わぬ:

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [ケノーベル Google Earth & Map Agent]
長野市エージェント:この記事ダイジェストをGoogle Earth & MAPエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

« 就活学生にタダ働きさせるソフトバンク 非常識すぎ | Main | 日本の「誤探知」をトップ報道する朝鮮日報 »