September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中川前財務相「核に対抗できるのは核」 ぜひ復活を | Main | 草なぎ剛逮捕について »

April 24, 2009

民主党の鳩山が「参政権付与は愛のテーマ」だと

 産経新聞のページに「【鳩山幹事長会見詳報】『(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき』」という記事がある。頭がどうかなったのかと思える。日本の国会議員などやっているのがおかしい。選挙民の民度が知れる。

 鳩山(兄)は、日本を「すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている」という。それが在日への地方参政権付与につながる。どういう頭をしているのか。日本国民をバカにしているのか。

 そして「一緒に多くの税金を日本人と同じように払ってこられた方々の権利を認めて差し上げるべきではないか」という。やけに言葉遣いが丁寧だ。鳩山(兄)にとって在日は偉い存在なのか。

 何度も言われていることだが、参政権は納税とは関係ない。納税しているから参政権を与えるのであれば、反対に納税していない者からは参政権を剥奪しないと辻褄が合わなくなる。もっというと、高額納税者ほど投票用紙を多く与えてもよいということになる。参政権は国籍によるのだ。

 記事にあるように「韓国では2月に海外にいる韓国人に対し、国政選挙を認める法律が成立した」。今年の2月までは海外在住の韓国人に選挙権がなかったのだ。とんでもない国である。これで、在日に参政権を与えよと主張する根拠が1つ失われたことになる。しかし鳩山(兄)は、国ではなく「地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」と言う。国と地方の切り分けなどできない。例えば、日本の安全保障のために対馬に自衛隊基地を作ろうとしたら、在日は反対するだろう。

 また、韓国で外国人に地方参政権が認められたことを受けてか、鳩山(兄)は「相互主義に基づくという発想も重要だ」という。韓国に住む日本人は数百人だが、逆は約60万人で正に桁違いだ。相互主義などあり得ない。

 口から出まかせを言って国民を騙すような国会議員は要らない。もちろん政党も。

 自由意志で日本に来たくせに「強制連行」されたと嘘をついて日本に居座り、日本人の罪悪感を利用して特権的な地位を得ている(永住権)。税金も免除されたりしている(伊賀の事件)。それだけでもやりすぎなのに、何が「友愛精神」か。鳩山(兄)の頭の中では鳩が飛び回っているのではないか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、党本部で記者会見し、永住外国人への地方参政権付与について、「愛のテーマだ。地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

 【永住外国人への参政権付与】

 --ニコニコ動画の鳩山氏の発言がネットで批判的に議論されている。「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言の真意は。韓国では2月に海外にいる韓国人に対し、国政選挙を認める法律が成立したが、大統領の決裁待ちだ。日本にいる韓国人にこの参政権を認めると、二重に投票できることになる。それでも日本にいる永住外国人に参政権を与えるべきか

 「私がニコニコ動画で発言したことが大変、話題になっている。国民に大いに議論してもらいたい。これは大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。そのように思っている。日本列島も同じだ。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている。この中でそれぞれが自立しながら共生していく世の中を、どうやってつくっていくかということが、ある意味での日本、世界に生きる人々の最大のテーマになるのではないか。今日までに、世界は弱肉強食に行きすぎたと。その前は、日本は依存に行きすぎたと。依存でもない、弱肉強食でもない「自立と共生」をいかにうまくマッチさせるか、バランスをとるか、それが友愛の精神だと思っている。

こにいる人たちの権利もできるだけ認めて差し上げる。一緒に多くの税金を日本人と同じように払ってこられた方々の権利を認めて差し上げるべきではないか。そのことによって、お互いの違いを認めながら、それを乗り越えていけるのではないか。そのように私は強く感じている。

 友愛精神の発露で、世の中、ヨーロッパは大きく変動してきている。日本は鎖国をしているわけではない。もっと多くの人に喜んでもらえる、そして、そのためには、私が言っているのは地方参政権ですから、地方での参政権は付与されてしかるべきではないかと思っている。国政における参政権を認めてしまうと、今、話があったような二重の選挙権みたいな話になろうかと思っているので当然、地域における選挙権の行使を、その地域で働いている方々には与えて。当然、それなりの資格も必要だと思っているが、条件のもとで認められてしかるべきではないか。世界では25の国がこのような権限を付与しているので、相互主義に基づくという発想も重要だ」
 ↑ここまで

« 中川前財務相「核に対抗できるのは核」 ぜひ復活を | Main | 草なぎ剛逮捕について »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44779014

Listed below are links to weblogs that reference 民主党の鳩山が「参政権付与は愛のテーマ」だと:

» [参政権]鳩山由紀夫氏にとっては「参政権くらい」の話 [kojitan’s note[日本人として]]
JR京都駅:平成21年4月19日 鳩山由紀夫氏が「定住外国人に参政権くらい付与されるべきだ」と発言している。つまりは外国人地方参政権の事だろうが、そんな馬鹿なことを言ってはいけな... [Read More]

« 中川前財務相「核に対抗できるのは核」 ぜひ復活を | Main | 草なぎ剛逮捕について »