September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« また歴史教科書で韓国の内政干渉が始まった 嫌になる | Main | 中央日報が「極右派の歴史わい曲教科書」だと (補足) »

April 12, 2009

中央日報が「極右派の歴史わい曲教科書」だと

 中央日報のページに、「極右派の歴史わい曲教科書、新たに検定合格/日本」という記事がある。歴史を歪曲・捏造しているのは韓国である。出来るものなら、李氏朝鮮時代の両班の暴政について歴史教科書に書いてみればよかろう。事実を書けない歴史しかないのが韓国だ。

 記事では、「日本が試みた韓国侵略の意図を故意に否定している」というが、侵略ではない。委任統治である。誰が好き好んで侵略した国にインフラ投資をしたり、現地人のための学校を作ったりするものか。日本は委任統治を真面目にやりすぎたのだ。その結果、恩を仇で返されている。結局朝鮮人とはその程度の低劣民族でしかなかったのだ。残念だが。

 また「地政学的な観点に基づく「韓半島が脅威になる」という見方を強調し」たとあるが、その通りではないか。朝鮮半島を「侵略」しても地下資源があるわけでもなく、すぐれた文化があるわけでもなかったではないか。ロシアや中国に対する防衛、地政学上の理由でしかない。それが事実だ。歴史を「美化」してなどいない。逆に日本統治を貶めているのが韓国だ。日本統治時代に韓国の近代化が進み、資本主義の基礎ができた。これはれっきとした事実だ。その事実を教科書には一切書かず、「侵略」として日本統治の悪い面を誇張し歪曲・捏造して書く。本当に情け無い民族・国家である。事実から目を背けることしか出来ない。哀れだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
韓国侵略を正当化し植民支配を合理化する歪曲(わいきょく)された内容を盛り込んだ日本の教科書が2種類に増えることになった。

日本の文部科学省(文科省)は9日、教科書検定で、日本の極右勢力からなる「新しい歴史教科書をつくる会」(つくる会)が自由社を通じ発行する中学社会科(歴史的分野)の教科書(写真)に対し、合格判定を下した。扶桑社版の教科書に続き2度目の「歴史を歪曲した中学校教科書」となる。

外交通商部(外交部)の文太暎(ムン・テヨン)スポークスマンは声明を出し「過ちを合理化、美化する誤った歴史観に基づく歴史教科書が、日本政府の検定を通過したことに対し、強力に抗議し、抜本的な是正を求める」と促した。外交部はまた、在韓日本大使館の高橋礼一郎公使を外交部に呼び、口頭で抗議した。

自由社版の歴史教科書は各自治体の教育委員会と国公私立の校長が採用するかどうかを判断、来年新学期から導入されることになる。「つくる会」は、これまで扶桑社を通じ教科書を作ってきた。しかし、著作権や筆陣の選定を含む運営方針の対立などから、一部メンバーが分かれ、自由社版の教科書を作った。残りのメンバーらは年内に、扶桑社版の検定承認を文科省に申請する予定だ。

自由社版は昨年12月の検定で、516カ所と多くの修正点が指摘され、不合格となったことがある。これによって、「旧日本軍が(第2次世界大戦)侵略地域で捕虜になった敵国の兵士と非武装の民間人に対し、不当な殺害と虐待を完璧に予防できなかった」という部分は「不当な殺害と虐待を起こし、大きな惨禍を残した」に修正された。

「日本が韓国の近代化を助けた」という記述も「誤解の恐れがある」と指摘され、「軍制改革を支援した」に修正された。しかし、侵略の歴史を縮小または歪曲した部分は、従来の扶桑社版とほぼ同じだ。

自由社版は、韓日両国の学界が否定する「日本府(大和朝廷が朝鮮南部を支配するために任那に置いたという官府)」を記述し、東アジアで日本だけが独自の年号を使ったとしている。また、19世紀の江華島(カンファド)事件を挑発した主体と目的・経緯を隠蔽し、日本が試みた韓国侵略の意図を故意に否定している。

このほか、地政学的な観点に基づく「韓半島が脅威になる」という見方を強調し、日本の帝国主義による韓国侵略と支配を合理化しようとした。

旧日本軍従軍慰安婦に関する記述も扶桑社版と同じく省略された。朝日新聞は「自由社版は“つくる会”が出版社だけ変えて作ったものであることから、文章の詳細や表現まで扶桑社版とほぼ同じ」と報じた。

韓国の北東アジア歴史財団は「自由社版の教科書を分析したところ、扶桑社版の目次(82項目)に2つが追加されただけで、歴史歪曲で一貫する大同小異な内容」とし「文部科学省が扶桑社版をやや書き替えたレベルの教科書を審議対象にしたのは、常識的に理解しにくい。日本社会全般に広がる右傾化のレベルから注視すべき必要がある」という立場を表した。

01年4月から2回にわたり検定審査を通過した扶桑社版は、皇国史観に基づく日本の帝国主義を美化し、韓国侵略を正当化するなどの内容を盛り込んでいる。そのため、初めて検定を申請する段階から、韓国・中国はもちろん日本内でも大きな反発を買うなど物議をかもしていた。

現在、扶桑社版の教科書を採用している中学校は全体の0.4%だ。教科書検定は4年に1回ずつ行われる。
 ↑ここまで

« また歴史教科書で韓国の内政干渉が始まった 嫌になる | Main | 中央日報が「極右派の歴史わい曲教科書」だと (補足) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44646647

Listed below are links to weblogs that reference 中央日報が「極右派の歴史わい曲教科書」だと:

« また歴史教科書で韓国の内政干渉が始まった 嫌になる | Main | 中央日報が「極右派の歴史わい曲教科書」だと (補足) »