September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 麻生首相は「弥栄」を正しく読んでいた 毎日新聞の「言い間違え」報道が間違い | Main | 朝日新聞は在日朝鮮人の実名を報道しない 在日を優遇するな! »

April 13, 2009

北朝鮮への制裁解除への「柔軟さ」を評価する朝日新聞

 朝日新聞の11日の社説は「北朝鮮―閉鎖国家の不安な行く末」だ。読んでいてどうも違和感がある。日本が率先して北朝鮮を非難してはいけないように読める。一部を抜粋する。

 ↓ここから
 急ぐべきは、ミサイル実験に対する国際社会の行動だ。国連の安全保障理事会で、日米は決議の形で北朝鮮を非難するよう働きかけてきたが、中国やロシアの反対で難航している。

 一致したメッセージを迅速に送る必要があるのに、安保理内に亀裂を生むようでは逆効果になりかねない。米中は議長声明の形で打開を探る方向だ。国際社会としての一致した、明確な態度表明を優先すべきではないか。
 ↑ここまで

 そして、朝日新聞は「北朝鮮が懸案解決へ行動する場合『いつでも(制裁の)一部または全部を終了できる』」とした点を評価するのだ。経済制裁を延長したことを評価せずに。この期に及んでもまだ北朝鮮の側に立った社説を書いている。いっそのことミサイルが朝日新聞社屋にピンポイントで落ちればよいのにと思ってしまう(あ、それから「無防備宣言都市」にも)。

 ↓ここから
 日本政府はきのう、北朝鮮への独自制裁を1年延長した。送金規制の強化も検討する。同時に、河村官房長官は北朝鮮が懸案解決へ行動する場合「いつでも(制裁の)一部または全部を終了できる」と述べた。

 この柔軟さは評価したい。大事なのは、硬軟織り交ぜたダイナミックな外交だからだ。
 ↑ここまで

« 麻生首相は「弥栄」を正しく読んでいた 毎日新聞の「言い間違え」報道が間違い | Main | 朝日新聞は在日朝鮮人の実名を報道しない 在日を優遇するな! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44653846

Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮への制裁解除への「柔軟さ」を評価する朝日新聞:

« 麻生首相は「弥栄」を正しく読んでいた 毎日新聞の「言い間違え」報道が間違い | Main | 朝日新聞は在日朝鮮人の実名を報道しない 在日を優遇するな! »