September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 岩手知事が小沢秘書逮捕を「政治活動の自由制限」という理由 | Main | 天声人語で朝日新聞が変節 »

March 05, 2009

びわこ銀行消滅

 読売新聞のページに「関西アーバン銀・びわこ銀 来年4月合併へ」という記事がある。2010年4月に合併するとの事。存続するのはもちろん関西アーバン銀で、行名も「関西アーバン銀行」だという。「合併」というが「吸収」だろう。

 まあ、「県民に存在すら忘れられた破綻寸前の第二地銀」だから、誰も気に止めないが。

 以前びわこ銀行のある行員が、「新しく店を出そうとしたらいつも滋賀銀行が先に出店している」とボヤいていた。無能なだけだろ。

 また、かつてローンを組んだことがあるのだが、ローン会社が指名した取り扱い銀行がびわこ銀行だった。仕方なく契約に行ったのだが、勤務先についてバカにされた。会社の「信用」といった話ではない。もっと低レベルだ。「社名が面白い」からと、「何やってる会社なんですかあ~」と言われたのだ。人をバカにするような笑みを浮かべて。少なくとも客に対して言う事ではない。客を見下しているのだ。わしはローンを組むといっても、びわこ銀行から金を借りる訳ではないのだ。こんな銀行二度と来るか!と思った。

 思い出したが、この銀行のATMで他行の口座から預金を引き出した時のことだ(金額は忘れたので適当に書く)。
 (1)最初に100万円引き出そうとしたら、「1回に引き出せるのは90万円までです」とATMに怒られる。
 (2)仕方がないので、90万円を引き出そうとすると、「1回に引き出せるのは80万円までです」とATMにまた怒られる。
 想像するに、(1)は自行の口座からの預金引出し限度額のチェックで、(2)は他行のチェックと思われる。一度にチェックすべきである。システムの作りがなっていない(他行もそうなのか?銀行って殿様商売だから)。

 吸収されて当然、というのが感想だ。

 吸収時にシステムもちゃんと吸収してもらって、みずほみたいなトラブルにならないようにね。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 第二地方銀行の関西アーバン銀行(大阪市)とびわこ銀行(大津市)が、2010年4月の合併で基本合意したことが4日、明らかになった。存続銀行は関西アーバン銀で、行名も「関西アーバン銀行」とする。また、合併に備えて関西アーバン銀は3月中に200億円超の第三者割当増資を実施し、親会社の三井住友銀行が引き受ける。いずれも3月中に発表する。

 両行は合併で生き残りを図ろうと、08年秋頃から協議を進めていた。合併後は手薄だった京都府や奈良県などに進出することを視野に入れている。

 ただ、関西アーバン銀の09年3月期連結決算は、税引き後利益が08年11月に予想した60億円の黒字から、100億~200億円の赤字に転落する見通しだ。
 ↑ここまで

« 岩手知事が小沢秘書逮捕を「政治活動の自由制限」という理由 | Main | 天声人語で朝日新聞が変節 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44252354

Listed below are links to weblogs that reference びわこ銀行消滅:

« 岩手知事が小沢秘書逮捕を「政治活動の自由制限」という理由 | Main | 天声人語で朝日新聞が変節 »