September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 麻生首相が北の「人工衛星発射通告」を牽制 | Main | 韓国企業が特許訴訟を起こされるのは、特許を侵害しているから »

March 13, 2009

フィリピン人中学生、ひとりで日本残留

 産経新聞のページに「フィリピン人中学生、ひとりで日本残留 両親は4月帰国へ」という記事がある。これで一件落着だ。日本に残るのり子さんの気持ちを思うと、此方も涙が出そうになるが、どうか日本政府をうらまないで欲しい。そして日本でしっかり勉強してぜひ自分の夢を実現して欲しい。日本政府は強制退去後5年は入国させないという条件を特別に緩和するといっている。それまでの辛抱だ。

 心配なのは、マスコミがこの決定を「入国管理局の脅し」に屈したかのような報道をするのではないかということである。すでに毎日新聞は今日の社説で「脅し」と書いているし。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 不法滞在で強制退去を命じられながら、娘の学業継続のため家族3人での在留特別許可を求めていた埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)一家の問題で、妻、サラさん(38)と長女で中学1年ののり子さん(13)が13日、東京入国管理局に出頭した。サラさんはすでに入管に強制収容されているアランさんとも相談、のり子さんだけを日本に残し、両親は帰国することを入管に伝えた。

 帰国日は4月13日に決めたといい、のり子さんの中学校で4月8日に始業式があることから、これを見届けてから帰国するという。

 一家は親子3人で帰国するか、適切な保護者を確保してのり子さんを残し、両親だけ帰国するかの判断を入管側から求められていた。だが、仮滞在期限の今月9日も「3人での在留特別許可」を求めたためアランさんが入管に強制収容され、サラさん、のり子さんは帰国準備のため16日まで仮滞在が延長。13日までに両親が帰国する意思を示さない場合、16日に母娘も収容し、17日に3人を強制送還すると伝えていた。

 両親は他人名義の偽造旅券で入国し、のり子さん誕生後も10数年にわたり不法滞在を続けた。法務省では今回の措置について、「出入国管理行政の根幹を揺るがす極めて悪質なものであり」「他の不法滞在者への影響をも考慮」と説明。

 また、森英介法相は6日の会見で、「ご両親も本来なら(退去強制処分で)5年間は再入国できないが、柔軟に、1年ぐらい、それを待たずしても一時的な上陸特別許可を出すこともやぶさかではない」と特別な配慮を明らかにしている。
 ↑ここまで

« 麻生首相が北の「人工衛星発射通告」を牽制 | Main | 韓国企業が特許訴訟を起こされるのは、特許を侵害しているから »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44332858

Listed below are links to weblogs that reference フィリピン人中学生、ひとりで日本残留:

« 麻生首相が北の「人工衛星発射通告」を牽制 | Main | 韓国企業が特許訴訟を起こされるのは、特許を侵害しているから »