September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 武器使用基準は緩和しないと効果が出ないのだ 朝日新聞よ | Main | 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない »

March 03, 2009

毎日新聞が創価学会に魂を売り渡した!

 3月1日の毎日新聞の「発言席」に、創価学会の池田大作氏の寄稿が載っている。「青年と平和」という題であり、宗教的な内容ではないが、イメージアップを図ったのであろう。池田大作氏の略歴には「モスクワ大学など世界の学術機関から248の名誉学術称号受章」と褒めそやしている。実際には「名誉」称号など金で買える肩書きにすぎないのだが。毎日新聞は創価学会に魂を売ったのか。変態記事を英文で世界に配信するだけでなく、こんどは日連正宗に破門された信徒団体の肩を持った。これでは公平なマスコミとはいえない。

 ネットで探してみたら、「◆ネット騒然! 毎日新聞が創価・池田大作氏の寄稿を掲載」というページにその新聞のコピーと意見が書かれている。

 そこには、「これまでにも同新聞に創価学会関係の書籍広告や意見広告が掲載されたことはあったが、紙面上に池田氏の寄稿が載るのは極めて異例のこと」とか、「正直、驚きましたよ。寄稿を載せるというのは、単に広告を掲載するのとは意味が違います。紙面は新聞社の命ですから。その命を、『毎日は(創価学会という)宗教に売り渡した』と見られても仕方ないでしょう。経営が苦しいとは聞いていましたが、まさかここまでとは......もう何でもアリなんですかね」(他社の新聞記者) とか書かれている。

 創価学会が、各新聞社に多額の広告を出してたり聖教新聞の印刷を委託して、創価学会を批判するような記事を載せにくくしているのは周知の事実だが、まさか、池田大作氏の意見をデカデカと載せるとは、さすがのわしも思わなかった。上記のページにあるように「何らかのトラブルで聖教新聞に載るはずの記事が毎日に載ってしまったのでは?」と思いたくなる。が、現実としてそれだけマスコミ支配が実現できているということだ。こんな状態では言論の自由が奪われてしまう。恐ろしいことである。

« 武器使用基準は緩和しないと効果が出ないのだ 朝日新聞よ | Main | 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44235231

Listed below are links to weblogs that reference 毎日新聞が創価学会に魂を売り渡した!:

« 武器使用基準は緩和しないと効果が出ないのだ 朝日新聞よ | Main | 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない »