September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない | Main | 小沢の秘書逮捕についての各紙社説 »

March 03, 2009

「小沢代表『全く問題ない』」をトップで報道する朝日新聞

Asahi090303 朝日新聞のページに、「小沢代表『全く問題ない』…捜査次第で進退に発展も」という記事がある。この記事がページのトップである。つまりトップ報道だ(3月3日22時12分付)。

 見出しをみると、民主党・小沢の言い分を前面に出し、「全く問題ない」」とまで書いている(もしこれが自民党党首ならどうであろうか)。民主党贔屓もいい加減にしろと言いたい。

 ↓ここから
 西松建設側の政治献金問題に絡んで公設第1秘書が逮捕された民主党の小沢代表は3日、「全く問題はない」と同党幹部に伝えた。党執行部は「国策捜査だ」と反発しているが、党内には総選挙への悪影響を危ぶむ声が広がっている。捜査の展開次第では、小沢氏の進退に発展する可能性も出てきた。
 (以下略)
 ↑ここまで

Mainichi090303 毎日新聞のページは2番目の記事に「小沢氏秘書逮捕:乏しい違法認識 政治家側『適正記載』」と載せている。これも「適性記載」という言い分を載せ、しかも「小沢」とは書かず「政治家」としか書かない。民主党・小沢のイメージダウンを軽減しようというのか。さらに「乏しい違法認識」と過失であるかのような印象を受ける。とんでもない報道だ。

 記事を見ても、小沢の意見や違法性を否定ということしか書かれておらず、明らかに偏向している。

 ↓ここから
 政権交代を目指す野党第一党のトップの資金管理団体に3日、捜査のメスが入った。準大手ゼネコン・西松建設のOBが設立した政治団体は、小沢一郎民主党代表をはじめ与野党有力議員に多額の献金をしてきたが、小沢氏は「何の問題もない。適切に処理している」と述べ、他の政治家も違法性を否定してきた。
 ↑ここまで

Yomiuri090303 読売新聞のページもトップは、「小沢代表『なんで?全く分からない』政権交代へ民主に打撃」だ。小沢の言い分を載せているが、「民主党には打撃となった」とは書いている。

 ↓ここから
 民主党の小沢代表の公設第1秘書が準大手ゼネコン「西松建設」から違法献金を受けたとして東京地検特捜部から政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことは、次期衆院選での政権交代に向け順風満帆に見えた民主党には打撃となった。
 「なんでこういうことを言われるのか全く分からない」
 3日午後の民主党幹部会で、小沢氏はこう語り、政治資金は適正に処理されていることを強調したという。小沢氏は近く、記者会見などを開いて、政治資金の処理について説明するとしている。
 同党幹部は東京地検の捜査が衆院選を意識したものであるとの見方を示し、厳しい言葉で批判した。鳩山幹事長は同日夕、記者団に「国策捜査のような雰囲気がする」と述べ、山岡賢次国会対策委員長も「手段を選ばず選挙に勝ちたい与党の陰謀だ」と記者団に語った。
 (以下略)
 ↑ここまで

 但し、読売新聞は、続く記事で、「『秘書逮捕』でも議員辞職の例」という記事を載せていて、自民党の加藤紘一・元幹事長、自民党の井上裕参院議員(当時)、民主党の五島正規氏、自民党の小林温氏の例を挙げている。小沢もそうなればという事か。

Sankei090303 産経新聞のページは、「西松献金、小沢氏団体の巧拙第1秘書ら3人逮捕 献金総額2億円近くか」がトップ記事だ。記事も詳しい。

 次いで、「金丸氏から託された深い縁 小沢氏と西松建設」という記事がある。産経新聞の報道が一番事件を追求していて、読み応えがある。出し惜しみせずネットに記事を公開しているのがよい。今この投稿を書いている途中だが、産経新聞のページは更新され、「民主に強い衝撃 『ポスト小沢』で党内抗争に発展も」という記事がトップになった。力が入っている。

 新聞社のページを見るだけでもこれだけ違う。明日の朝刊の1面や社説の内容も想像がつくというものだ。いつも通り...。良い意味で想像を裏切って欲しいものだ。

 注意すべきは読売新聞の記事にある次の一文。「鳩山幹事長は同日夕、記者団に『国策捜査のような雰囲気がする』と述べ、山岡賢次国会対策委員長も『手段を選ばず選挙に勝ちたい与党の陰謀だ』と記者団に語った」とある。誰がどうみても違法献金なのだが、民主党に都合の悪いので「国策捜査」とか「与党の陰謀」などと勝手なことを言う。こんな政党が政権を獲った後に、言論の自由や生活の自由が保障されるであろうか。自民党の政治が悪いというが、わしは民主党の政治はもっと悪いと考えている。このような身勝手な発言を聞いたら自明である。国民が気付くべきなのだが、例によって多くのマスコミが事実を伝えないのが障害になっている。

« 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない | Main | 小沢の秘書逮捕についての各紙社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44236839

Listed below are links to weblogs that reference 「小沢代表『全く問題ない』」をトップで報道する朝日新聞:

« 「『従軍』表記復活を」って、日本は嘘を展示などしない | Main | 小沢の秘書逮捕についての各紙社説 »