September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 麻生首相の訪中延期 新聞によって報道がかなり違う | Main | 島根県の全公立小中学校で「竹島」を学ぶ授業 »

March 18, 2009

現代自動車の「パクリ」戦略

 産経新聞のページに「韓国現代自動車『失業したら顧客負担なしで車返却』 米市場で大躍進」という記事がある。

 記事によると「ローンで自動車を購入した顧客が、1年以内に、失業してローンが支払えなくなったり、死亡、けが、他国への移転、自己破産などに見舞われた際には、顧客の負担なしで自動車を販売業者に返却できる。保険制度が自動車の現在価値とローン残高の差額を最大7500ドル(約69万円)までカバーする仕組み」で、アメリカ国内で販売台数を伸ばしているということだ。

 返品が増えて損失が増えるのでは、と心配してしまう。

 それはともかく、現代自動車は日本企業と思わせるような戦略をとっている。

 ・「ヒュンダイ(現代)」は北米では「ホンディ」と発音する。日本の「ホンダ」をパクっているのだ。中国の「HONGDA」と同レベルである。

 ・「ヒュンダイ」の頭文字が「H」でホンダのエンブレムと間違えやすい。

 ・自動車のCMに、富士山、忍者、寿司、相撲(小錦)などを使い、日本企業であるかのイメージを与える。

 つまり、高性能・高品質な日本車を売っている日本企業、という嘘のイメージで売っているのだ。北米では極東の国など知らない連中ばかりだし。

 韓国は反日のくせに平気で日本の良いイメージを利用する。精神構造がわからない。下劣というか、品性に欠けるというか。逆に韓国人が海外で悪いことをして注意されたら「ジャパニーズ(日本人だ)」という奴が多いときく。いい加減にして欲しい。

« 麻生首相の訪中延期 新聞によって報道がかなり違う | Main | 島根県の全公立小中学校で「竹島」を学ぶ授業 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44392663

Listed below are links to weblogs that reference 現代自動車の「パクリ」戦略:

« 麻生首相の訪中延期 新聞によって報道がかなり違う | Main | 島根県の全公立小中学校で「竹島」を学ぶ授業 »