September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 平田財務副大臣「小沢さんはしないが、私は辞任する」 | Main | 違法滞在の「韓国人夫婦の在留認める」判決 裁判官辞めろ »

March 29, 2009

ミサイル問題で「いたずらにあおるな」と北朝鮮を擁護する朝日新聞

 朝日新聞の27日朝刊の社説は「北朝鮮ミサイル 備えつつ、冷静に対応を」だ。イージス艦や迎撃ミサイルの配備は「万一の事態に備えておくことは当然だろう」とは書くものの、結局、北朝鮮を擁護するかのような社説になっている。

 朝日新聞は、「北朝鮮の真の意図がはっきりしないのは事実だが、いまにも北朝鮮のミサイルが日本を狙って発射されるかのような議論は行き過ぎだろう。いたずらに人々の不安や地域の緊張をあおるべきではない」というのだ。

 北朝鮮がミサイルを発射し、日本領空を通過させようとしているのは事実だ。北朝鮮自らが言っている。日本を狙って発射するということははっきりしている。「行き過ぎ」でも何でもない。

 朝日新聞は北朝鮮を擁護している。

 朝日新聞は領空侵犯を見逃せというのか。しかも日本は北朝鮮と国交がない。日本の許可無しに日本に向けてミサイルを発射する事がおかしい。日本を舐めている。かつて冷戦時代にはたとえ民間機であってもソ連上空を飛行できなかった。撃墜されるからだ。ましてや今回はミサイルだ。人口衛星云々の問題ではない。見逃す訳にはいかない。

 また朝日は「いたずらに人々の不安や地域の緊張をあおるべきではない」というが、アメリカ産牛肉の狂牛病問題で、いまにも日本人の犠牲者がでるかのような報道をした新聞社はどこであったか。

 地球温暖化で海面が上昇して小学生が腰まで沈んでしまうような広告を出したのは朝日新聞だ。

 朝日新聞はなぜこうも北朝鮮には甘いのか。かつて朝日新聞が報道したように、いまなお北朝鮮を「平和の楽園」と思っている記者が沢山いるからだろうか。

 社説全文を引用する。

 ↓ここから
 北朝鮮の「人工衛星打ち上げ」予告を受け、政府はきょう、自衛隊への「弾道ミサイルなどに対する破壊措置命令」を発令する。

 北朝鮮東北部のミサイル基地では、すでに発射台に長距離弾道ミサイルと見られる機体が据えられ、発射への準備が進む様子が偵察衛星などにとらえられているという。

 北朝鮮は「発射するのは通信衛星を運搬するロケット」と説明する。その言い分通りだとしても、実体は北朝鮮が開発した弾道ミサイル「テポドン2」の改良型と分析されている。

 発射すれば、北朝鮮の「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動の停止」を盛り込んだ国連安全保障理事会の決議に反するのは明らかだ。

 自衛隊法は、弾道ミサイルが日本に向けて発射されたり、人工衛星打ち上げ用のロケットなどが事故で落ちてきたりするおそれがあるとき、迎撃ミサイルで破壊できるとしている。今回の命令はこれに基づくものだ。

 北朝鮮が明らかにした計画によると、「ロケット」は秋田県と岩手県の上空を通過する。事故で予定の軌道を外れたり、機体の一部が日本の領域に落ちてきたりするおそれがないわけではない。実際、3年前に北朝鮮が発射したテポドン2は空中で破損し、発射場の近くに墜落したと見られている。

 破壊措置命令を受けて自衛隊は、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載するイージス艦を日本海に、地上配備型の迎撃ミサイル(PAC3)を両県に配備する。万一の事態に備えておくことは当然だろう。

 同時に政府は、国民が必要以上に不安を抱かないよう努力すべきだ。

 自衛隊の配備などの対応策を公表するのはもちろん、発射された場合には自治体などに迅速に情報を伝える必要がある。住民や消防、警察の対応策を事前に詰めて、周知しておくことも大事だ。そうすることで安全で冷静な対応が可能になる。

 北朝鮮の真の意図がはっきりしないのは事実だが、いまにも北朝鮮のミサイルが日本を狙って発射されるかのような議論は行き過ぎだろう。いたずらに人々の不安や地域の緊張をあおるべきではない。

 政府は冷静に備えを講じつつ、北朝鮮に発射をやめさせ、核やミサイル開発を通じた脅しの外交を断念させるための努力を強めねばならない。日本とほぼ同じ立場をとる米国、韓国と連携し、国際的な圧力の輪を広げていくことが重要になってくる。

 4月2日には金融サミット(G20)で各国首脳がロンドンに集まる。麻生首相はオバマ米大統領、李明博韓国大統領らとともに、中国やロシアなどの首脳を巻き込み、国際社会の強いメッセージを北朝鮮に送り続けるべきだ。
 ↑ここまで

« 平田財務副大臣「小沢さんはしないが、私は辞任する」 | Main | 違法滞在の「韓国人夫婦の在留認める」判決 裁判官辞めろ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44505233

Listed below are links to weblogs that reference ミサイル問題で「いたずらにあおるな」と北朝鮮を擁護する朝日新聞:

« 平田財務副大臣「小沢さんはしないが、私は辞任する」 | Main | 違法滞在の「韓国人夫婦の在留認める」判決 裁判官辞めろ »