September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 小沢代表会見についての各紙社説 | Main | びわこ銀行消滅 »

March 05, 2009

岩手知事が小沢秘書逮捕を「政治活動の自由制限」という理由

 産経新聞のページに、「【小沢氏秘書逮捕】「政治活動の自由制限」 岩手知事も批判」という記事がある。なぜ岩手県知事が小沢氏を擁護する発言をするのか。それは達増拓也氏が「小沢チルドレン」、「小沢学校の優等生」であるからだ。知事としては無所属だが民主党推薦で当選している。

 産経新聞の記事を引用する。

 ↓ここから
 岩手県の達増拓也知事は4日夜、小沢一郎民主党代表の公設第一秘書が逮捕された政治資金規正法違反事件に関し、「これほど疑念を持たれている捜査はないんじゃないか。現段階では、よほどのことがないまま政治活動の自由が大きく制限されている」と述べ、東京地検特捜部の捜査を批判した。県庁内で記者団の質問に答えた。

 小沢氏が記者会見で献金の違法性を否定したことについては「非常に分かりやすく、得心できた」と強調。「次は捜査当局の方が証拠などを示す番なのかなという感じがしている」と述べた。
 ↑ここまで

 さて、ここからが本題だ。J-CASTのページに「週刊現代の『小沢金脈』連載 小沢ウォッチ20年の『力』見よ」という記事がある。抜粋する。

 ↓ここから
 松田記者は、現代の2009年2月7日号で、西松建設と小沢の癒着構造について、こう書いている。

 「ある業者は言う。小沢の『ゼネコン選挙』を仕切っていたのは、大手ゼネコンの『鹿島建設』だった。その『鹿島』の仕切の下、達増(たつそ・拓也現岩手県知事=筆者注)の選挙(県知事選=筆者注)で『西松建設』は欠かすことなく人員を送り込んでいた。選挙協力の役目を真面目にこなそうとしていた」

 その結果、岩手に強くなかったはずの西松建設が、「'96年度から'03年度の間で13件、当初契約金額が総額181億8865万円、最終契約金額は193億429万円にのぼる」のだ。花巻空港の整備事業や盛岡市郊外の梁川ダム建設も西松建設は工事を受注している。
 ↑ここまで

 西松建設は岩手に強くなかったのに公共事業を次々と受注するようになった。結局、小沢も達増岩手県知事も一蓮托生なんだな。

« 小沢代表会見についての各紙社説 | Main | びわこ銀行消滅 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44252128

Listed below are links to weblogs that reference 岩手知事が小沢秘書逮捕を「政治活動の自由制限」という理由:

« 小沢代表会見についての各紙社説 | Main | びわこ銀行消滅 »