September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 百マス計算でバカになる | Main | 小沢が「権力の乱用、選挙妨害」だと »

March 11, 2009

「民主が検事総長の事情聴取検討へ」 これは政治的圧力だ

 産経新聞のページに「民主が検事総長の事情聴取検討へ」という記事がある。「民主党に対し厳しい世論が形成され、小沢辞任論が一気に強まるのを牽制(けんせい)する狙いがある」ということだ。検察に政治的圧力を加えて、捜査を押さえ込もうということだ。これこそ三権分立を無視し、民主主義を否定する行動だ。

 政権与党に対しては「言い間違え」レベルの話を声高に批判するくせに、民主党自身の不祥事に対しては「陰謀」などと言って誤魔化し、政治的圧力で押さえ込む。やっていることが、ナチスやヒトラーを想起させる。こんな政党が政権を取ったら、日本の民主主義はお仕舞いだ。

 参考:
  アドルフ・ヒトラー「わが闘争 上、下」(角川文庫)
  児島襄「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い 1~10巻」(文春文庫)   

 戦前の日本が「軍国主義」とか「ファシズム」などといわれるが、実はその元には社会主義思想があったことを知るべきである。そして今の民主党がどんな政党なのかをよく考えないといけない。

 検察も、民主党に「国策捜査」などと言われぬよう、不正には与野党関係なしに捜査して欲しい。もっとも献金額の半分以上は民主党・小沢が受取っていたのだが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の小沢一郎代表の公設秘書が逮捕された政治資金規正法違反事件で、参院民主党が「意図的な情報操作が行われている可能性がある」として、参院議院運営委員会に樋渡利秋検事総長を呼び、事情聴取を検討していることが9日、分かった。同党関係者が明らかにした。民主党に対し厳しい世論が形成され、小沢辞任論が一気に強まるのを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 参院議運委は、民主党の西岡武夫元文相が委員長を務めている。事情聴取は委員会を公開し、西岡氏が院を代表して情報漏洩(ろうえい)の有無を問う形式を検討している。

 参院民主党側が、検察トップの樋渡検事総長への事情聴取を検討しているのは、「東京地検特捜部が捜査中にもかかわらず、供述内容や文書など証拠物件の有無、捜査方針などがどんどん報じられているのは意図的な情報操作であり、許されない」(参院幹部)と判断したためだ。

 民主党内には鳩山由紀夫幹事長ら執行部を中心に、「国策捜査だ」と指摘するなど、検察側の捜査方針を疑問視する声が根強い。

 別の幹部も9日、「これらリーク(情報漏洩)はどういうことなのかと問いただしたい」と述べた。

 ただ、党内には「捜査当局と全面戦争になる恐れがある」(幹部)との懸念があるほか、捜査が自民党へも広がりをみせていることから「今すぐでなくてもいい」(中堅)との慎重論もある。
 ↑ここまで

« 百マス計算でバカになる | Main | 小沢が「権力の乱用、選挙妨害」だと »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44311632

Listed below are links to weblogs that reference 「民主が検事総長の事情聴取検討へ」 これは政治的圧力だ:

» 立法府の国政調査権の限界 [社会派? そこにある真実。]
 三権分立の本質を理解していない公明党国対委員長  この記事で、三権分立のことで書いたが、もっと国政調査権について突っ込んだ話。    さて、国会は検事総長を国会に呼び出すことができるか?答えはYesだ。  捜査中の事案に対して検察に質問ができるかどう... [Read More]

« 百マス計算でバカになる | Main | 小沢が「権力の乱用、選挙妨害」だと »