September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国がうまくいくはずがない30の理由 | Main | 「竹島問題こっそり韓国に抗議」って堂々と抗議すべきだ 非は韓国にあるのだから »

February 27, 2009

「東京入管、フィリピン人一家の期限を再延長」 温情もここまでだ

 読売新聞のページに、「東京入管、フィリピン人一家の期限を再延長」という記事がある。「今月13日の期限が27日まで延長された」にもかかわらず、帰国日を決めずに出頭したのであるから、本来ならば期限の再延長など不要であり、即刻夫婦を強制送還しても構わなかったはずだ。

 ところが日本は矢張り対応が甘い。猶予を来月9日まで再延長した。不法滞在している夫婦はそれに甘んじてまだ「3人で日本に残りたいという気持ちは変わらない」と訴えている。日本の法律をなめている。滞在期間が長いとか子供がいると言った理由で不法滞在を認めてしまえば、同じ事をしようとする外国人が後を絶たないのは自明だ。周辺諸国から見れば日本は「あこがれの国」なのだから(幾ら反日であったとしても)。

 東京入国管理局は、次の期限までに帰国日を決めなければ強制送還するということである。当然だ。温情を与えるのもいい加減にして欲しい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
本文です
東京入管、フィリピン人一家の期限を再延長
在留特別許可を巡り入管出頭後に記者会見に臨んだカルデロンさん夫妻(東京・霞が関で)=増田教三撮影

 不法滞在で国外退去処分が確定し、在留特別許可を求めている埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アラン・クルズさん(36)一家について、東京入国管理局は27日、拘束を猶予する仮放免期限を来月9日まで再び延長し、この日出頭したアランさん夫妻に、次の期限までに帰国日を決めなければ強制送還する方針を伝えた。

 法務省は、日本語しか話せない長女のり子さん(13)を含む一家全員の帰国か、のり子さんだけを日本に残すかを選び、帰国日を決めるよう求めていた。今月13日の期限が27日まで延長されたが、夫妻はこの日、帰国日を決めずに出頭していた。

 期限の再延長を受け、東京・霞が関で記者会見を開いた夫妻は「3人で日本に残りたいという気持ちは変わらない」と訴えた。
 ↑ここまで

« 中国がうまくいくはずがない30の理由 | Main | 「竹島問題こっそり韓国に抗議」って堂々と抗議すべきだ 非は韓国にあるのだから »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44190967

Listed below are links to weblogs that reference 「東京入管、フィリピン人一家の期限を再延長」 温情もここまでだ:

« 中国がうまくいくはずがない30の理由 | Main | 「竹島問題こっそり韓国に抗議」って堂々と抗議すべきだ 非は韓国にあるのだから »