September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国起源説 | Main | 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる »

February 20, 2009

「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」の裏

 日刊スポーツのページに「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」という記事がある。いかにもスポーツ紙らしい見出しだが、その裏にはまたあの老人の動きがあるようだ。

 美人記者というのは読売新聞の記者なのだが、この記者が記者会見前の中川財務相にワインを飲ませ、醜態を演じるように仕向けたという。

 政権を支える中川氏を辞任させ、「麻生政権はダメ」と国民に印象付ける。そして次に小泉元首相を擁立しようとしているのが、読売新聞の渡邊と日本テレビの氏家であるという。小泉元首相の「定額給付金の財源特例法の衆院での再議決に欠席する」という発言もその流れだというのだ。

 安倍元首相の後に、麻生氏ではなく福田を擁立したのがこ奴らだ。福田なら「靖国を参拝しない」と渡邊の思惑と合致していたからというのも擁立の理由の1つだ。また小沢と福田の大連立騒動の裏には渡邊が動いていたのは渡邊本人も認めている。

 マスコミは第4の権力であると言われる。報道で世論を左右することができるからであるが、日本のマスコミはそれ以前の問題であって、政治に直接関与してしまっているのだ。こんな奴らがマスコミのトップにいてまともな報道ができるのかどうか。常識的に考えてみる必要があろう。

 安倍政権から顕著になったマスコミの政府攻撃に国民の多くが騙されている。日本の民度もたかが知れている。「自民党がダメで、民主党が良い」ということがあろうか。「自民党がダメで、民主党はもっとダメ」なのだ。今日本に必要なのは織田信長のような政治家であろう。が、今の衆愚政治をもたらしている民主制度ではそのような人物が出現する可能性は非常に低い。民主主義などやめたくなってくる。

 話を戻す。中川氏はこのようなマスコミによる不当なバッシングに負けずに今まで通り、自らの信念に従って政治活動を行って欲しい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 イタリアで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)閉幕後、「酩酊(めいてい)会見」した中川昭一前財務相(55)が、会見前、宿泊ホテルのレストランで読売新聞の美人記者や財務省関係者と昼食をとり、自らワインを頼んでいたことが19日、分かった。同行した財務省の玉木林太郎国際局長が、衆院予算委員会で明かした。会見前のこの場が、異変のきっかけになった可能性もある。また中川氏が会見後、バチカンを訪れていたことも判明。“脱線 ”行為の連続に、あらためて批判が起きそうだ。

 中川氏がワインをオーダーした昼食会は14日、G7公式昼食会を抜け出した同氏が、別に開いたもの。宿泊したザ・ウェスティン・エクセルシオール・ローマのレストラン「ドネイ」で行われた。約40分続き、料理はパスタとサラダ。玉木国際局長によると、中川氏と玉木氏、政務秘書官、財務省関係者2人、通訳、中川氏の知人に加え、読売新聞の美人記者が出席した。

 記者について、玉木氏は「レストランに入る前、取材で近寄ってきたので中に入るよう言った」と偶然を強調したが、この人物は、中川氏が「担当の中でもお気に入り」(永田町関係者)とされる30代女性。イタリア到着の13日夜、中川氏が親しい記者4人(男性1人、女性3人)を集め、懇談した際も出席していた。

 玉木氏は、食事にあたり「レストラン側が『このボトルでいいか』と言うと、大臣が『それでいい』と選択した」と述べ、中川氏本人が頼んだことを認めた。財務省側は当初、質問した民主党の川内博史議員に「いつの間にか(ワインが)置かれていた」と説明したという。中川氏は16日、「そこにグラスがあった」などと述べ、自身で頼んだかは明言していなかった。

 この席で飲んだ量について、中川氏、財務省とも「口を付けた程度」としているが、「ドネイ」の支配人は共同通信の取材に、「せいぜいグラス1杯程度だった」と語り、多少食い違っている。この直後の日露財務相会談で、中川氏は麻生太郎首相を「麻生大臣」と間違うなど、様子が微妙に変化。この後、約30分休息し、自室に数分戻った後に向かった会見が、世界に恥をさらす場となった。

 麻布高-東大と中川氏と同窓の玉木氏は、会見参加の経緯を「大臣は『やろう』と、すたすた階段をおりて行った。あんな事態になるとは予想していなかった」と強調。しかし、イタリア到着後も薬を服用していた中川氏が酒を飲んだ場は、美人記者も招いた昼食会が会見に最も近く、これが“酩酊”につながった可能性は否定できない。

 読売新聞東京本社広報部は、女性記者の食事への参加を「取材の一環」とした上で「記者によると、14日の昼食はあわただしく、ボーイがグラスにワインを注いだ」「記者は携帯電話に原稿の問い合わせの電話がかかり、数回にわたり席を外し、中川氏がワインを飲んだところは見ていない。記者はグラスに口をつけていない」としている。

 一方、財務省は、中川氏が会見後の午後4時ごろから約2時間、バチカンの博物館などを見学したことを明らかにした。見学中、会見での言動について特に気にする様子はなかったという。財務相を辞任した17日から、入院中の中川氏。職を辞したとはいえ、イタリアでの一連の行動は政治家の資質を問われることにもなりかねない。
 ↑ここまで

« 韓国起源説 | Main | 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44119311

Listed below are links to weblogs that reference 「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」の裏:

« 韓国起源説 | Main | 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる »