September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる | Main | 週刊新潮「朝日新聞襲撃犯」手記は「真実性なし」なのか? »

February 22, 2009

「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道

 先日「トウガラシの日本伝来を否定する韓国」という投稿で、朝鮮日報がデタラメ記事をトップ報道しているということを書いた。

 情け無いことに、朝日新聞のページがトップ報道している。「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す 韓国研究所」という記事だ。どうせデタラメな内容で読者に文句を言われたとしても、「発表をそのまま記事にしているだけ」というのは目に見えている。しかし、どの事件を記事にするかとか、紙面(ページ)のどの位置に置くかとか、どの程度の分量を割くかということは、朝日新聞の編集にかかっている。つまり朝日新聞の意思によるものである。

 まあ、朝日新聞は支那人でさえろくに読まない人民日報と提携して、記事を翻訳して報道している新聞だ。独裁国のいわば公式報道をそのまま無批判に流しているのだから、それだけでも信用できる新聞社かどうかがわかる。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 【ソウル=牧野愛博】唐辛子は日本から豊臣秀吉が持ち込んだものではない――。韓国食品研究院は19日付で、こんな研究結果を発表した。

 同院は、15年にわたって国内外の数百件の文献を研究。これまで唐辛子は秀吉によって、1592年に起きた第1次朝鮮出兵のときに朝鮮半島に持ち込まれたと信じられていたが、それ以前に発刊された「救急簡易方」などの文献に、唐辛子を意味する言葉が残されていたという。
 ↑ここまで

« 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる | Main | 週刊新潮「朝日新聞襲撃犯」手記は「真実性なし」なのか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44137419

Listed below are links to weblogs that reference 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道:

« 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる | Main | 週刊新潮「朝日新聞襲撃犯」手記は「真実性なし」なのか? »