September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 | Main | 朝日新聞社が4億円所得隠し »

February 23, 2009

週刊新潮「朝日新聞襲撃犯」手記は「真実性なし」なのか?

 朝日新聞のページに「週刊新潮『本社襲撃犯』手記 『真実性なし』本社判断」という記事がある。「手記には事実と異なる点が数多く含まれ、真実性はないと判断した」というが、具体的にどの部分が事実と異なるのかがわからないので、此方では何とも判断できない。また朝日新聞のいう「事実」が警察の捜査の結果なのか朝日新聞の自己調査によるものなのか、それもわからない。

 朝日新聞朝刊を買えばよいのかもしれないが、その気は無い。なぜ本紙には載せてネットのページには載せないのか。ネットユーザに批判されるのを恐れているのか、それともネットを軽視しているのか、単に本紙を買わそうとしているのか。

 週刊新潮の記事が事実ならば大事件なのだが、朝日新聞は実行犯という島村氏に積極的に取材したようにみえない。およそ取材とはいえない態度をとっていたのだ(週刊新潮の記事より)。

 また、朝日新聞は警察の捜査に協力的でなかったという。殺された記者の手帳を警察に提供しなかったのである(参考:一橋文哉「『赤報隊』の正体」(新潮社))。朝日新聞は闇社会の虎の尾を踏んだ可能性がある。

 朝日新聞はまだ何らかの事実を隠しているのではないかと思う。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 記者2人が殺傷された87年5月の朝日新聞阪神支局襲撃事件(02年に公訴時効成立)をめぐり、週刊新潮は「自分が実行犯だ」とする島村征憲(まさのり)氏(65)の手記を1月下旬から4回にわたって掲載した。朝日新聞は06年に島村氏と面会しており、他の取材結果とも合わせて検証した結果、手記には事実と異なる点が数多く含まれ、真実性はないと判断した。警察庁など捜査当局も「島村氏の証言は信用できず、事件に関与した可能性はない」とみている。

 週刊新潮の記事によると、島村氏は在日米国大使館職員(当時)から「朝日新聞を狙ってくれ」と依頼され、阪神支局襲撃の他に東京本社銃撃(87年1月)、名古屋本社寮襲撃(87年9月)、静岡支局爆破未遂(88年3月)も実行したと証言したという。

 島村氏は別の事件で服役中の05年4月~06年9月、実行犯を名乗って朝日新聞に10通余りの手紙を寄せ、06年5月には刑務所内で記者2人の面会に応じた。手紙と面会取材で述べた犯行時の服装▽現場の状況▽凶器などの重要な部分が客観的事実と異なっていたほか、週刊新潮への手記では動機などについての説明が変遷していた。

 警察庁は「社会を揺るがせた大事件なので無視はできない」として、阪神支局事件を捜査した兵庫県警などに週刊新潮の記事内容を確認するよう指示。その結果、捜査で裏付けた事実との食い違いがいくつもあり、島村氏が語る経歴などについても疑問点が多いことが判明したという。

 朝日新聞は今月22日、島村氏に電話で取材を申し込んだが、「週刊新潮を通してほしい」と拒否された。
 ↑ここまで

« 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 | Main | 朝日新聞社が4億円所得隠し »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44151199

Listed below are links to weblogs that reference 週刊新潮「朝日新聞襲撃犯」手記は「真実性なし」なのか?:

« 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 | Main | 朝日新聞社が4億円所得隠し »