September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」の裏 | Main | 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 »

February 20, 2009

「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる

 朝鮮日報のページに「KTX欠陥工事:韓国オリジナルの『変種』工法を採用」という記事がある。記事によると、KTX(韓国高速鉄道)の工事で、ドイツの「レールワン」社の枕木やイギリスのパンドロール社の締結装置、レール方式を採用したとの事。曰く「韓国の実情に合った外国の技術を組み合わせて、新たな工法を編み出した」という。

 要はテキトーに外国の技術を組み合わせたが失敗した、ということだ。韓国はKTXを日本の新幹線と比較してことのほか自慢するが、大部分が外国の技術によるものだ。日本の新幹線のように国産ではない。だから建設だけでなく運行にも支障が出る。だからKTXでは開業早々(試験走行中だったか?)に事故死者が出たし、停車している車両に列車が突っ込む事故も起きている。

 「新たな工法を編み出した」という言い方がいかにも「パクリ大国」らしい。日本の菓子を真似てそっくり同じような製品(品質は劣化しているのが常だ)を作るのを韓国では「マーケティング」というし。

 GNPで先進国の仲間入りをしたというが、所詮この程度。韓国に行く人は気をつけないといけない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国高速鉄道(KTX)の第2期工事区間である大邱-釜山間のレール敷設工事で、コンクリート製の枕木に亀裂が入っていることが判明した問題で、不良品の枕木(写真)を製造した業者に対し便宜を図っていたという疑惑が浮上している施工者の韓国鉄道施設公団は、ドイツの特許を取得した工法ではなく、十分なテストを行っていない「変種」の工法を採用していたことが明らかになった。

 同公団と軌道分野の関係者らが18日に語ったところによると、ドイツの「レールワン」社の「レーダー2000」という工法は、同社が設計した枕木や、同社の親会社ボスロ社が製造した締結装置(枕木とレールを連結する器具)、ケーブル方式(ケーブルを通じ信号を送る)の列車制御システムなどを一括して採用しなければならないという。

 ところが同公団は、KTXの大邱-釜山間の建設工事で、レールワン社の枕木、イギリスのパンドロール社の締結装置、レール方式(レールを通じ電気信号を送る)の列車制御システムを採用した。締結装置は値段が安く韓国での認知度が高いという理由で、高速鉄道に使用されたことがないイギリスの製品を採択し、また列車制御システムはすでに開業している第1期区間(ソウル-大邱間)に合わせ、レール方式を採用したという。

 これは事実上、韓国オリジナルの「変種」の工法が採用されたということだ。同公団のある幹部は「第1期区間で採用されたバラスト軌道(路盤に砂利・砕石を敷く)は、維持や補修にかかる費用が高いという問題点があるため、大邱-釜山間では工事費が50%ほど高いスラブ軌道(コンクリートの路盤に軌道を敷く)を採用し、韓国の実情に合った外国の技術を組み合わせて、新たな工法を編み出した」と打ち明けた。

 だが、同公団は業者への便宜供与疑惑について、「“レーダー2000”工法に合った資材を使うのは当然であり、レールワン社と技術提携した“チョノン・レールワン”社が(枕木の製造業者に)選ばれたのは便宜供与には当たらない」と主張している。
 ↑ここまで

« 「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」の裏 | Main | 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/44119540

Listed below are links to weblogs that reference 「KTX欠陥工事」で韓国の技術力の無さがわかる:

« 「中川前財務相、会見前に美人記者と酒」の裏 | Main | 「『唐辛子、秀吉が持ち込み説』覆す」と朝日新聞がトップ報道 »