September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 施政方針演説についての各紙社説 | Main | 国会の代表質問で悪口雑言を浴びせる田中真紀子 馬鹿じゃないか »

January 29, 2009

小学生が不発弾を学校に

 朝日新聞のページに、「小学生、不発弾を学校に持ち込む 沖縄、陸自が回収」という記事がある。小学生が不発弾を持ち歩き学校に持ち込んだ時の担任教師の驚いた姿を想像し、筒井康隆氏の小説「アフリカの爆弾」を思い出して、思わず笑ってしまった。もちろん事故にならなかったから笑えるのである。

 沖縄では所謂平和教育で戦争の恐ろしさは嫌と言うほど教え込んでいるだろうに、爆弾の恐ろしさは教えていなかったのだろう。一体何を教えているのか。

 もちろん不発弾を処理した陸上自衛隊には感謝しないといけない。(今回は信管が外れていたが)ひとつ間違えば命を失ってしまう作業をしてくれているのだ。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 沖縄県南風原(はえばる)町の翔南小学校で、6年生の男子児童2人が登校中に不発弾を拾って学校に持ち込み、陸上自衛隊が回収する騒ぎになっていたことがわかった。陸自によると、第2次大戦中に使われた米国製90ミリ砲弾で長さ約30センチ。信管はなかった。強い衝撃を与えなければ爆発の危険性は低い状態だったという。

 町などによると、児童2人は21日午前8時ごろ、同校裏門から200メートルほど離れた建設会社の資材置き場で、石や土で覆われた不発弾を発見。学校に持ち込んで担任教諭に伝えた。町や県警を通じて連絡を受けた陸自の不発弾処理隊がすぐに出動し、午前中に回収したという。
 ↑ここまで

« 施政方針演説についての各紙社説 | Main | 国会の代表質問で悪口雑言を浴びせる田中真紀子 馬鹿じゃないか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/43894072

Listed below are links to weblogs that reference 小学生が不発弾を学校に:

« 施政方針演説についての各紙社説 | Main | 国会の代表質問で悪口雑言を浴びせる田中真紀子 馬鹿じゃないか »