September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「情緒で核を語る」愚かな朝日新聞 | Main | 満員電車で「大声」で喋るな »

December 24, 2008

「核オプション放棄できぬ」と書く産経新聞

 産経新聞の24日朝刊の社説は「佐藤元首相発言 核オプション放棄できぬ」だ。朝日新聞の社説と比較すれば、どちらが現実的かは明らかだ(もちろん産経)。

 産経新聞社説の後半を引用する。

 ↓ここから
 日本の安全は、自衛隊はもちろん、在日米軍の存在と米国の「核の傘」によって保障されると考えられてきた。だが中国に加えて北朝鮮が核ミサイルで米本土をたたけるようになった場合はどうか。米国は本当に西海岸の自国民を犠牲にしてまで、日本を核攻撃した北への報復ができるだろうか

 ところが2年前に、当時の中川昭一自民党政調会長が「核の議論があってもいい」と言っただけで非難ごうごうだった。日本の国防観に従えば、自国の「防衛力」は許容できても「抑止力」は米国任せということである。

 ここでいう抑止力とは防衛能力を通してではなく、相手が脅威を感じる攻撃能力があってこそ可能になる。その役割は日米同盟によって米国が担う。日本の悪夢は、その米国の「核の傘」が有効に働かなくなったときである

 核論議も許されないなら、米国から破れにくい「核の傘」を引き出すしかない。あらゆる事態を想定する安全保障を考えるなら、日米同盟が自壊した場合も議論する必要がある目的はあくまでも日本の抑止力の強化であり、核のオプション(選択)まで放棄する必要はない
 ↑ここまで

« 「情緒で核を語る」愚かな朝日新聞 | Main | 満員電車で「大声」で喋るな »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/43513707

Listed below are links to weblogs that reference 「核オプション放棄できぬ」と書く産経新聞:

« 「情緒で核を語る」愚かな朝日新聞 | Main | 満員電車で「大声」で喋るな »