September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« マクドナルドがサクラで行列演出 | Main | やっぱりあった学力テストと日教組の”相関関係” »

December 27, 2008

新聞社 破綻したビジネスモデル

 河内孝「新聞社 破綻したビジネスモデル」(新潮社)

 宅配制度の元で、部数至上主義により販売店に押し紙(配達されない新聞)を押し付ける。このようなビジネスが長続きするはずがない。

 わしは宅配制度が廃止され、新聞を店で買うようにすべきだと考えている。どの新聞を購読するかの選択が可能になるからだ。宅配でも新聞の選択はできるが、一定期間は同じ新聞をとらないといけなくなってしまう。

 この本の著者は、上記のわしと同様の思いがあるようで、「破綻したビジネスモデル」と断言している。驚くことにこの著者は、元・毎日新聞の常務取締役なのだ。2006年に退任されたそうだが、新聞社のトップにいた人の批判意見だから、非常に説得力がある。どうせなら退任前にこの本を書いて欲しかった。社会的に大問題になっただろうに(その代わりに無理矢理退任させられただろう)。

 「破綻したビジネスモデル」から離脱しようとしている新聞社が今後生き残るのではないかとわしは思う。そういう意味で、全国紙では、朝刊を100円に値下げしてスタンド売りに力を入れている産経新聞が有力であろう。期待も込めて。

« マクドナルドがサクラで行列演出 | Main | やっぱりあった学力テストと日教組の”相関関係” »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/43547506

Listed below are links to weblogs that reference 新聞社 破綻したビジネスモデル:

« マクドナルドがサクラで行列演出 | Main | やっぱりあった学力テストと日教組の”相関関係” »