September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 論文を書いただけで「自衛官の暴走」という朝日新聞にぞっとする | Main | 前空幕長の論文全文 »

November 05, 2008

田母神前空幕長会見要旨

 4日の産経新聞に「田母神前空幕長会見要旨 反論不可『北朝鮮と同じ』」という記事が載っている。空幕長が政府見解に反する論文を書いたので更迭・関係者を処分したという、支那、朝鮮、そして日本の野党が喜びそうな結果になってしまっている。日本の自虐史観・東京裁判史観を見直すきっかけになって欲しい。

記事を引用する。

 ↓ここから
 田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長は3日夜、時事通信本社で記者会見し、論文の真意を説明した。会見の要旨は以下の通り。

 【冒頭発言】

 (論文は)国家国民のためという信念に従って書いたもので、自ら辞表の提出はしていない。解任は自衛隊とともに歩んできた私にとって断腸の思いだ。航空自衛官、自衛隊全体の名誉が汚されることを何よりも心配する。

 日本は古い歴史と優れた伝統を持つすばらしい国家だ。決して「侵略国家」ではない。しかし、戦後教育による呪縛(じゅばく)が国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させ、国家安全保障体制を損ねている。自衛隊ほどシビリアンコントロール(文民統制)が徹底している「軍隊」は世界にない。

 私の解任で自衛官の発言が困難になったり議論が収縮したりするのではなく、歴史認識と国家・国防のあり方について率直で活発な議論が巻き起こることを願う。

                   ◇

 【質疑応答】

 --この時期に論文を書いた理由は

 「日本が21世紀に国家として発展していくためには自虐史観から解放されないと、日本が自主的な判断で政策がやりにくいと思った。論文がこれほど大騒ぎになるとは思わなかった。もう日本もそろそろ自由に発言できる時期になったと思った私の判断が誤っていたかもしれない」

 --内容については

 「誤っていると思わない」

 --国会の参考人招致に応じるか

 「積極的に応じたい」

 --政府の歴史認識が誤っていると思うか

 「検証してしかるべきだと思う」

 --中国、韓国が不快感を示しているが

 「それは見解の相違だ。相手がどう思うかはこちらがコントロールできない。そこは大人と大人で、理解し合って付き合えばいい」

 --制服組トップの発言は重いが

 「このくらいのことを言えないようでは、自由民主主義国家とはいえない。政府見解に一言も反論できないなら、北朝鮮と同じだ」

 --政府の見解に反対することは政治の決定に反対することにならないか

 「村山談話なるものが、本当に検証されて、日本国民全員が納得できるものなのかは疑問がある」
 ↑ここまで

« 論文を書いただけで「自衛官の暴走」という朝日新聞にぞっとする | Main | 前空幕長の論文全文 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/43017322

Listed below are links to weblogs that reference 田母神前空幕長会見要旨:

» 田母神前空幕長 [warrock 武器ハック]
田母神・前空幕長の論文が最優秀賞になった経緯 田母神前空幕長会見要旨 田母神前空幕長の論文(笑)への反応 2そして!!田母神前空幕長、退職前に「徹底抗戦」田母神前空幕長、定年退職扱いに更迭だけでは済まない田母神・前空幕長問題... [Read More]

« 論文を書いただけで「自衛官の暴走」という朝日新聞にぞっとする | Main | 前空幕長の論文全文 »