September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国人からみた日本人のノーベル賞受賞 | Main | 石井民主副代表「池田名誉会長ら国会招致を」 »

October 15, 2008

毒インゲン 製造工程内での混入「考えられない」という無責任な品質管理者

 日経新聞のページに「殺虫剤混入の中国製冷凍インゲン、製造・輸入時の検査はパス」という記事がある。記事には「製造工程内での混入については品質管理担当者が『考えられない』との見解を示した」とあるがお前は支那と同じか!

 そもそも統計的手法を用いた品質管理では、故意に毒を入れられたケースには無力だ。「考えられない」というのは、日本国内を含む「流通過程で混入した」と言っているのと同じだ。非常に無責任である。

 支那は「騙される方が悪い」という国柄。日本の常識など通用しない。工場の職員の動作を全て監視・録画し、工場へ入るときには素っ裸にして検査して私物を持ち込むことが出来ないようにすべきだ。そこまでしないと、意図的な毒物混入は防げまい。

 ましてや支那では毒物が容易に入手でき、反日感情が高く、人権意識のカケラもない。非常に危険なこと位、子供でもわかりそうなものだ。そう考えると、ニチレイフーズってとんでもない企業だなあ、全く。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 高濃度の農薬に汚染された食品が消費者の口に入る問題が、再び起きた。15日、明らかになった中国製冷凍インゲンへのジクロルボス混入。問題の商品は製造・輸入段階での残留農薬検査をパス。濃度の異常な高さも人為的混入の可能性をうかがわせるが、詳しい汚染原因は分からない。揺らぐ一方の食への信頼。消費者は「本当に怖い」と不安を訴えた。

 ニチレイフーズの相馬義比古社長とイトーヨーカ堂の岡村洋次取締役は15日、厚生労働省内で記者会見し、「大変なご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪。一方、製造工程内での混入については品質管理担当者が「考えられない」との見解を示した。
 ↑ここまで

« 韓国人からみた日本人のノーベル賞受賞 | Main | 石井民主副代表「池田名誉会長ら国会招致を」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/42798709

Listed below are links to weblogs that reference 毒インゲン 製造工程内での混入「考えられない」という無責任な品質管理者:

« 韓国人からみた日本人のノーベル賞受賞 | Main | 石井民主副代表「池田名誉会長ら国会招致を」 »