September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「ホテルのバー」を「高級料亭」に捻じ曲げて質問する北海道新聞記者 取材するなよ | Main | 「業績が同等なら女性を積極的に採用する」のは男女差別だ、朝日新聞 »

October 24, 2008

「公人としての自覚が問われる」 その前に「公器」としての自覚の無い毎日新聞

 24日(金)の毎日新聞の社説は「首相の夜会合 公人としての自覚が問われる」だ。一国を預かる首相が庶民とおなじようにして欲しいとは全く思わない。むしろ逆で、「夜会合」が結果として政治によりよく反映し、国民のためになるのであれば、それこそ大歓迎だ。「夜会合」の費用も首相持ちだし、何ら批判されることはない。

 社説では、一般国民に配慮してホテルのバーで飲むな、と言っている。「トップには欠かせない要件」だという。あほか。トップだからこそその地位に相応しい場所があるのだ。毎日新聞は、上げてもいない上げ足を取っているのだ。

 一部を抜粋する。

 ↓ここから
 夜の日程に関して麻生首相は、「ホテルのバーというのは安全で安いところという意識が僕にはあります」と、答えている。高いか安いかは、各人によって認識は異なるはずだ。だが、物価高、金融危機に直面している一般国民の生活に配慮する姿勢は、トップには欠かせない要件だ。
 (略)
 最高権力者だけに、その任務の重さから受ける首相のストレスは想像を絶するものがあろうが、国民から違和感を持たれるような言動は極力慎んでもらいたい。公人としての更なる自覚を首相には求めたい。
 ↑ここまで

 それよりも、「公器」としての自覚が問われるのが毎日新聞だ。創作された雑誌のエロ記事(ここにもさすがに書けない内容)を無断で英訳し、世界中に配信していた。日本の品位を貶める行為である。これだけでも廃業すべきと思う。また毎日新聞は朝日新聞と並んで、偏向した記事や社説を載せている。一方的な思想を押し付けぬよう「国民に配慮する姿勢」が必要だである。

 毎日新聞のお詫び記事を引用する。

 ↓ここから
 毎日新聞社は1日、毎日デイリーニューズの編集体制を改め、再出発しました。出直しにあたり、1989年10月から英字紙に、01年4月からウェブサイト上に掲載していたコラム「WaiWai」について改めておわびします。

 今年6月21日(日本時間)、このコラムのコーナーを閉鎖し、過去のものにもアクセスできない措置を取りました。コラムを転載しているウェブサイトやブログなどへの削除要請も続けています。その理由は掲載したコラムの多くが著しく節度を欠き、国内外に発信するにはふさわしくない内容と判断したからです。

 「WaiWai」は、国内で出版されていた雑誌などを了解を得ずに利用していました。明らかに事実とは思えない情報を英訳、転載し、一部については不適切な加筆もしていました。日本および日本人や特定の国、職業などについて誤解を生じさせる情報を長期間にわたって流し続けました。

 報道機関としてあってはならない読者の信頼を裏切る行為であり、多くの方々にご迷惑をおかけしたことをあらためて、心よりおわびします。誠に申し訳ありませんでした。

 7月20日朝刊と毎日新聞のホームページ、毎日デイリーニューズにおわび、検証記事を掲載しましたが、その後も多くの方からご批判、お叱りをいただいています。みなさまからの声を重く受け止め、今後、こうした事態を二度と引き起こすことのないよう、全力を尽くします。
 ↑ここまで

« 「ホテルのバー」を「高級料亭」に捻じ曲げて質問する北海道新聞記者 取材するなよ | Main | 「業績が同等なら女性を積極的に採用する」のは男女差別だ、朝日新聞 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/42888835

Listed below are links to weblogs that reference 「公人としての自覚が問われる」 その前に「公器」としての自覚の無い毎日新聞:

« 「ホテルのバー」を「高級料亭」に捻じ曲げて質問する北海道新聞記者 取材するなよ | Main | 「業績が同等なら女性を積極的に採用する」のは男女差別だ、朝日新聞 »