September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「日本外務省ホームページ、韓国を否定的に紹介」って、事実を照会しているだけだ | Main | 久々の竹島問題 »

June 05, 2008

李大統領「日本は自ら過去謝罪を」 やっぱり言うか...

 産経新聞のページに「日本は自ら過去謝罪を 李大統領」という記事がある。今まで何度謝罪してきたと思っているのか。謝罪どころか感謝されるべきなのだが。人間としての良心感覚が麻痺しているとしか思えない。

 「無理強いする謝罪は100回聞いても本当の謝罪ではない」と言っているが、細川内閣や村山内閣のときには日本の「侵略」を認めてしまい、謝罪してしまっているではないか。

 「侵略」でも「植民地」でもなく、日本による「統治」であった。韓国併合は、当時何ら国際問題になっていない。

 そもそも、日本が明治維新で新政府が出来たにもかかわらず、韓国は依然として徳川幕府の使者しか受け付けようとしなかった。「日帝支配」という大嘘は、明治維新あたりまで遡って見直す必要がある。

 李明博が大統領になって、日韓新時代が始まるかのような社説を書いた各紙は大いに反省すべきである。捏造された「過去」や、侵略され続けている竹島を棚上げしたまま、友好関係など築けるわけがなかろうに。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国の李明博大統領は4日、4月の日本訪問に触れ「過去について執拗(しつよう)に言及しないと言った理由は、日本が加害者として自ら被害国に謝罪することを望む」からだとした上で、今後の日韓関係強化の必要性をあらためて訴えた。

 抗日運動の功労者や朝鮮戦争で戦死した兵士の遺族らを招待した昼食会の席で語った。

 李大統領は「『謝罪しろ』『謝罪しろ』と言って無理強いする謝罪は100回聞いても本当の謝罪ではない」と指摘。同時に、過去を問い詰めて「けんか」をするつもりはなく「日本とも真の協力を通じて共同繁栄しなければならない」とした。

 李大統領は就任前の今年1月の記者会見でも同様の発言をしている。
 ↑ここまで

« 「日本外務省ホームページ、韓国を否定的に紹介」って、事実を照会しているだけだ | Main | 久々の竹島問題 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/41434641

Listed below are links to weblogs that reference 李大統領「日本は自ら過去謝罪を」 やっぱり言うか...:

« 「日本外務省ホームページ、韓国を否定的に紹介」って、事実を照会しているだけだ | Main | 久々の竹島問題 »