September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 空自イラク輸送活動が「一部違憲」 裁判官は余計な事を言うな | Main | イラク空自判決についての各紙社説 »

April 18, 2008

神奈川県「屋内全面禁煙条例」検討で、TBS「嬉しいニュース」

 JCASTのページに「神奈川県が、今年度内にも条例で公共施設での全面禁煙」という記事がある。道路もだめ、屋内もだめ。では自宅でしか喫煙できないのか。最近の異常なまでの禁煙は、喫煙者に対する差別である。

 禁煙をするための医療費に保険が効くようになってしまった。喫煙はもはや「病気」扱いなのだ。とんでもないことだ。

 受動喫煙が問題というが、もっと問題なものが身近にあるだろう。例えば自動車の排気ガス。受動喫煙どころではない。煙草の煙をすってもそう簡単には死なないが、排気ガスなら間違いなく死ぬ。歩き煙草が子供の顔に当たったら大変というが、実際に事故が起こったことは知らない。反対に自動車による死亡事故は毎日のように起きている。

 喫煙を規制するよりも、自動車の運転を規制する必要があるのではないか。とどのつまりが喫煙を法で禁止するのが間違っているのだ。政治家はもっと冷静になるべきである。神奈川県は下らぬ条例を作るな。

 記事を引用する。

 ↓ここから
神奈川県は2008年4月15日、ほぼすべての公共施設を全面禁煙とし、違反した人や施設への罰則を設ける条令案の基本方針を発表した。

「公共施設」は、「不特定多数の人が利用する施設で、室内またはこれに準ずる環境にあるもの」と定義されており、学校や病院の他、飲食店やパチンコ店などの娯楽施設も含まれる。屋外での歩きたばこの禁止条令はこれまでにもあったが、屋内を対象にした全面禁煙条令はは全国初。県では今年度中の制定を目指しているという。
 ↑ここまで

« 空自イラク輸送活動が「一部違憲」 裁判官は余計な事を言うな | Main | イラク空自判決についての各紙社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40911111

Listed below are links to weblogs that reference 神奈川県「屋内全面禁煙条例」検討で、TBS「嬉しいニュース」:

« 空自イラク輸送活動が「一部違憲」 裁判官は余計な事を言うな | Main | イラク空自判決についての各紙社説 »