September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し | Main | 映画「靖国」についての稲田朋美氏の「正論」 »

April 09, 2008

20年も不法残留した韓国人が提訴 法を無視するのが韓国流!

 産経新聞のページに「不法残留20年 韓国人夫婦が提訴 『実績評価して』」という記事がある。日本の法を犯して不法滞在を続けておきながら、強制退去の処分取り消しを求めるとは厚顔無恥にも程がある。これが朝鮮人のメンタリティなのだろう。レベル低すぎ。これが国家規模になると竹島不法占拠(侵略)になる。

 訴訟という無駄な金と時間を使わず、さっさと日本から出て行け。「韓国に帰国したら生活に困る」というのも自業自得だろうが。

 恐らく同様の朝鮮人が他にもいるはずだ。「在日」も含めて帰国してもらいたい。

 ↓ここから
 約20年も不法残留し、東京都内で焼き肉店を経営している韓国人夫婦が、退去強制処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こしたことが6日、分かった。夫婦の代理人によると、これほど長期間の不法残留者の処分取り消し訴訟は極めて珍しいという。夫婦は「いまさら『国に帰れ』は酷。日本での生活実績を評価してほしい」と訴えている。

 提訴したのは、姜柄勲(カン・ビョンフン)さん(53)夫婦。訴状によると、夫婦は昭和63年に短期滞在資格で入国し、そのまま飲食店従業員として働いていた。平成16年に東京・池袋で焼き肉店を開店。同店のオーナーとして約20人の日本人を雇用して経営に当たっていた。

 夫婦は18年、法的に不安定な立場を解消しようと、自ら東京入国管理局に出頭。在留特別許可を申請したが認められず、昨年末から茨城県牛久市の入管施設に収容されている。

 夫婦には不法残留以外の違法行為はない。韓国に生活拠点がないため、帰国させられれば生活に困ることは明白という。夫婦の知人らは、処分取り消しを求める署名活動を始めている。

 代理人によると、長期間平穏に生活していたことを理由に退去強制処分の取り消しを認めた裁判例は、地裁判決が1例あるだけ。このケースも高裁で原告が逆転敗訴し、最高裁で敗訴が確定している。訴えが認められるのは、かなり難しいとみられる。
 ↑ここまで

« 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し | Main | 映画「靖国」についての稲田朋美氏の「正論」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40825883

Listed below are links to weblogs that reference 20年も不法残留した韓国人が提訴 法を無視するのが韓国流!:

« 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し | Main | 映画「靖国」についての稲田朋美氏の「正論」 »