September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 官房長官「暴力的な抗議好ましくない」って、もっとマシなことが言えないのか | Main | 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し »

April 09, 2008

「聖火リレー―中国が試されている」といいながら国際社会に責任をかぶせる朝日新聞!

 朝日新聞の4月9日の社説は「聖火リレー―中国が試されている」だ。もっともなことを書いているようだが、次のように本音を出した文章がある。

 「心配なのは、中国国内の反応である。聖火リレーへの妨害が報じられるたびに、反発が広がっているようだ。妨害行動を沿道の各国が放置しているような印象を与えれば、中国人のナショナリズムをあおることにもなりかねない」。

 要は、支那の主張する通りに聖火リレー妨害を徹底的に取り締まれ、と言いたいのだろう。暴力的な妨害行為はイギリスやフランスなど各国で行われているのだが。これ以上取り締まるとなると、合法的な抗議活動まで対象になるのではないだろうか。

 中国人のナショナリズムを煽っているのは中国政府である。都合の悪い情報を締め出し、朝日新聞の大嫌いな(反日をテコにした)「愛国教育」を行い「偏狭なナショナリズム」を浸透させた結果だ。元々支那には中華思想があり、自分達漢人が世界の中心であり、中国の周辺にいる他民族は全て蛮族であると考えられている。元々チベット侵略など問題になりにくい国柄なのだ(国というが近代国家とはほど遠い)。

 「五輪は政治とは切り離せないが、成功させるためには、政治に引きずり回されないようにする知恵が必要だ。それは開催国にも国際社会にも求められている」。

 五輪を政治と最も関連付けているのは、「何でも政治」になる支那であるのに、国際社会にも「知恵」(責任か?)を求めるのはおかしい。支那の責任を軽くしようとしているのだ。

 朝日新聞は支那の人民日報と提携しているから、こんな社説しか書けないのだろうか。

« 官房長官「暴力的な抗議好ましくない」って、もっとマシなことが言えないのか | Main | 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40825748

Listed below are links to weblogs that reference 「聖火リレー―中国が試されている」といいながら国際社会に責任をかぶせる朝日新聞!:

« 官房長官「暴力的な抗議好ましくない」って、もっとマシなことが言えないのか | Main | 韓国が竹島は「韓国領」だと日本外務省に抗議 バカ丸出し »