September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「台湾有事は日本の問題」は当然! 陳謝も釈明も要らん! | Main | チベット騒乱! »

March 14, 2008

少年に銃抜いた警官を停職 厳しすぎ

 産経新聞のページに「少年に銃抜いた警官を停職 警視庁」という記事がある。停職1カ月は厳しすぎる。悪いことや他人に迷惑をかけるようなことをしなければ、警官から銃を向けられるようなことにはならない。全国からの意見の9割以上が「毅然とした行動」などと巡査長を支持するものだったのも、もっともである。

 銃を抜いたのが違法であるならば、法律を緩和せよ。凶悪犯罪にも対応できない。また、このようなバカガキ共がのさばるような社会は間違っている。厳しく取り締まれるようにしないといけない。奴らには恐いものなどないのだ。我がもの顔で、迷惑な行動をするのをやめさせないといけない。本人のためというより、周囲の多くの善良な人々のためにだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 警視庁滝野川署地域課の男性巡査長(27)が、東京都北区の路上にいた少年3人を立ち去らせるため拳銃(けんじゅう)を抜いていた問題で、警視庁は14日、特別公務員暴行陵虐容疑などで書類送検するとともに、停職1カ月の処分にした。警視庁には全国から約600件の意見が寄せられ、9割以上が「毅然(きぜん)とした行動」などと巡査長を支持するものだった。処分の軽減を求める地元住民の嘆願書も出されているが、「違法に拳銃を向けたことは重くみざるを得ない」(人事1課)として処分した。

 警視庁によると、巡査長は先月26日夜、「(少年の)声がうるさい」との苦情の通報を受け、北区滝野川の路上に駆けつけた。名前や住所を聞くと、少年3人は「いやだ」と拒否。遅れて到着したパトカー勤務員が苦情が寄せられていることを伝えても、「いま来たばかりで関係ない」と反抗的な態度を示した

 パトカー勤務員が場所を移動するよう求め、3人は歩き出したが、交差点を曲がったところで植え込みに腰かけているのを巡査長が発見。定時制高校1年生(17)の腕を持って立ち上がらせて拳銃を抜き、30~40センチの距離で銃口を脇腹に向ける形になった。

 この際、巡査長は「移動しないと殺すぞ」と脅していたが、拳銃の引き金には指をかけていなかった。現場近くには病院もあり、巡査長は「居座って騒ぎ出すと、入院患者や住民に迷惑をかけると思った」という
 ↑ここまで

« 「台湾有事は日本の問題」は当然! 陳謝も釈明も要らん! | Main | チベット騒乱! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40498550

Listed below are links to weblogs that reference 少年に銃抜いた警官を停職 厳しすぎ:

« 「台湾有事は日本の問題」は当然! 陳謝も釈明も要らん! | Main | チベット騒乱! »