September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 文科省が「発展的に性教育」削除 遅すぎる対応だが | Main | FAMILIAR COMPUTING WORLD »

March 06, 2008

中国人民代表大会で「中日関係は改善されている」とは!

 6日の産経新聞に「首相、中国の食品安全対策評価」という記事がある。中国の全国人民代表大会で食品の安全対策を強化するという話があったからだ。しかし、毒餃子事件を日本のせいにしている状況で、お題目を唱えただけの対策を評価するとは何事か。「大変強い姿勢を示された」という。「大変強圧的な姿勢」の間違いではないのか。幾ら日本が妥協しても中国は付け上がるだけであるということは過去の歴史が証明している。日中友好など日本が勝手に「友好」と思い込んでいただけで、中国は軍備を増強し、台湾や日本に向けてミサイルを配備しているのだ。

 全国人民代表大会に関して問題にすべきは、毎年続く軍事費の突出した増加とその不透明さだ。日本の安全に直接関わる問題だ。福田首相は何も言及しない(乃至、マスコミが報道しない)。

 また、福田首相は「ギョーザの問題も解決していただけると確信している」と言っている。中国に依存していても解決などできない。中国に圧力をかけてでも問題を解決しようという姿勢は全く見られない。情けないことこの上ない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 福田康夫首相は5日夜、中国の温家宝首相が全国人民代表大会の政府活動報告で食品安全対策の大幅強化を打ち出したことについて「大変強い姿勢を示された」と評価した。その上で「そういう方向の中で、ギョーザの問題も解決していただけると確信している。急いで解決しなければいけない」と述べ、中国製ギョーザ中毒事件の解決に期待感を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 ↑ここまで

 同じく同日の産経新聞に「全人代 温家宝首相の政府活動報告要旨」が載っている。気になるのは最後。

 「一、中日関係は改善されている」。

 中国がこう言うのは、日本が中国の意のままになっているという意味である。

 これは小泉・安倍首相から福田首相に交替したためである。福田首相は初めから「靖国参拝」というカードを放棄している。毒餃子でも中国食品を輸入禁止にしない。「遺棄」化学兵器処理や環境対策などで、多額の日本人の血税を中国に貢ごうとしている(既に貢いでいる)のだ。

 非常に末恐ろしいことではないか。

« 文科省が「発展的に性教育」削除 遅すぎる対応だが | Main | FAMILIAR COMPUTING WORLD »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40392684

Listed below are links to weblogs that reference 中国人民代表大会で「中日関係は改善されている」とは!:

» 本の中心 03052008 [つき指の読書日記]
 “シャワー報道”という言葉がある。ひとつ大きな事件があると、新聞、テレビの報道番組、ワイドショー、はては雑誌、週刊誌まで、その問題ばかりに取り憑かれたように、朝から晩まで集中的に大騒ぎすることをいう。しかも判で押したように、批判、解説、論調がほとんど同じ、良識、正義はすべてこちらにあるいわんばかりに、時には絶句、強弁すらする。  それが過ぎ去り、次の大事件が発生すると、そのことはすっかり脇におかれ、せいぜい2、3週間でウソのように終わってしまい、同じことを繰り返しては、半年も経てば、そ...... [Read More]

« 文科省が「発展的に性教育」削除 遅すぎる対応だが | Main | FAMILIAR COMPUTING WORLD »