September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 告訴取り下げで沖縄の米兵不起訴! マスコミは告訴取り下げの理由を報道せよ! | Main | 毒餃子で産経「首相発言に疑問呈したい」 もはや売国首相では »

March 01, 2008

毒餃子「中国公安省の記者会見」についての各紙社説

 毒餃子「中国公安省の記者会見」についての3月1日の各紙社説を読んだ(産経は2月29日)。タイトルは次の通り。

 産経:毒物ギョーザ事件 曖昧な決着は許されない
 読売:ギョーザ事件 中国は真相解明から逃げたのか
 毎日:ギョーザ事件 これで幕引きなら納得できぬ
 朝日:ギョーザ事件―冷静に対立を解きほぐせ

 中国側の、事件を日本のせいにして終わらせようとする態度に対し、「許されない」「逃げたか」「納得できぬ」と非難する内容を書いているのがわかる。「冷静に」という1紙を除いてだが。

 日中が協力して捜査せよというのは当たり前の話だ。

 「事件の解決には、日中間の緊密な協力が欠かせない。これは刑事事件の捜査であり、真実はひとつであるはずだ。双方は改めて客観的な捜査資料や情報を出し合い、事件の解明に向けて歩み寄る必要がある」。(産経)

 「中国は、日本の捜査当局と緊密に協力し、真相を解明して再発防止策を講じることに、全力を傾けるべきだ。それでこそ、消費者の中国食品への信頼を取り戻すことができる」。(読売)

 餃子の放送袋の外側から農薬が浸み込み、餃子の内部にまで高濃度で浸透するのか。日本では実験したデータを条件も合わせて中国に渡している。しかし次のように社説で書いている。

 「包装袋に水溶液が浸透するかどうかはデータを提供し合い、科学的に実証すべきだ」。(毎日)
 「たとえば、ギョーザの袋の外側から農薬が中にしみこむかどうかという実験結果が、日中で食い違っている。実験した時の室温などの条件が異なっていたようだが、確認のための再実験を両国で一緒にやればいい。それが難しいのであれば、どんな実験方法が適切かを話し合い、それぞれが納得できるかたちで確かめ合うことが欠かせない」。(朝日)

 そのようなことが困難であるから問題なのだ。朝日新聞のように、そこに一切触れないのでは、中国に肩入れしていると思われても当然である。「冷静に対立を解きほぐせ」るような問題ではないのだ。他紙は次のように書いている。

 「『故意による犯行』という点では双方の見解は一致している。中国国家品質監督検査検疫総局の副総局長も2月6日、『日中関係の発展を望まない少数の分子が過激な手段に出たのかもしれない』と語っている。だが、その後の中国は、『われわれこそ事件の被害者』との態度に一変してしまった」。(産経)

 「中国側では捜査当局を超える高いレベルでの政治的判断が下されたのではないか、との見方もある。(略)中国側は、製造元の従業員に容疑者と思われる人物はおらず、原料野菜や生産工程、輸出の過程にも『異常はない』と述べた。しかし、従業員に容疑者がいたとしても、簡単には認めまい退職者や解雇者を調べたかどうかも不明だ」。(読売)

 「犯罪の捜査は、国の主権にかかわる。捜査当局の関係がどうであれ、主権の壁は越えられない。そのことを見せ付けられた思いがする。中国側がこれ以上捜査するつもりがないということならば、とても納得はできない」。(毎日)

 読売新聞の社説では、福田首相の発言にも言及している。本来1面トップで批判すべきだが。なお産経新聞は、3月1日に「中国ギョーザ事件 首相発言に疑問呈したい」と社説で批判している。

 「警察庁の反発とは対照的に、福田首相は『中国捜査当局は、日本と共同して、しっかり調査したいと言ったのではないか。非常に前向きだ』と述べた。日中間で政治問題化するのを避けたいというのは、その通りだろう」。

 日本国民の生命を危険にさらしてまで中国の機嫌を取るのは日本の首相として明らかに不適切だ。さっさと辞任せよ。どんな下らぬ事でも政府を批判する野党でさえも、中国を慮って批判をしない。非常に気色悪い。日本はもはや回復不能なビョーキなのではないかと思える。

人気blogランキングへ→banner_01

« 告訴取り下げで沖縄の米兵不起訴! マスコミは告訴取り下げの理由を報道せよ! | Main | 毒餃子で産経「首相発言に疑問呈したい」 もはや売国首相では »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40323099

Listed below are links to weblogs that reference 毒餃子「中国公安省の記者会見」についての各紙社説:

» 毒ギョウザ問題解決には、国際世論を見方につけるべき [スカイ・ラウンジ「上海有視界飛行」]
 日本に対する中国の強弁は、日本に向けたものではない。中国人民に向けたポーズである。例え、日本から反感を買っても、人民の支持があれば、当面は安泰であると考えている。このやり方を続ければ、外資が引いていき、真綿締めのように、共産党の行く末を暗澹たるものにすること知ってか知らずか。知っていたとしても、そうするしかないのが、現在の中共と言えよう。... [Read More]

« 告訴取り下げで沖縄の米兵不起訴! マスコミは告訴取り下げの理由を報道せよ! | Main | 毒餃子で産経「首相発言に疑問呈したい」 もはや売国首相では »