September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ | Main | JR新快速でヘッドホン「うるさい」とケンカ »

March 02, 2008

朝日「米兵釈放―それでも事件は消えない」と、マスコミの責任感全くなし!

 朝日新聞の2日の社説は「米兵釈放―それでも事件は消えない」だ。米兵が釈放されたことが余程気に入らないようだ。常軌を逸している。朝日新聞は次のように書く。

 「強姦の容疑を否認し続けた米兵自身も、取り調べに対して「少女に関係を迫った」ことまでは認めた。米兵のしたことは決して許されない」。

 「関係を迫った」だけで、「決して許されない」というのだ。冷静に社説を書けよ。男が女に関係を迫って拒否されること位よくあることだろうが。それで許されないのなら、許されない日本人男子が沢山いることだろう。相手が中学生と言う事もあるが、倫理的なことを別にすれば「関係」できない年齢ではない。朝日にとってもそうではないのか。

 確か朝日新聞は「ラヴァーズ・ガイド―究極の愛のすべて」という無修正写真入りの本の広告を、堂々と載せていた。以下、2005年の週間ポストより。

 ↓ここから
<性教育革命か>朝日新聞で大宣伝!
性愛写真50点「無修整SEX教本」熱い論争
世界14か国で大反響のベストセラーが日本上陸
92年にイギリスで発売された当時、あまりに過激な表現方法で、書店から販売拒否運動を起こされるなど、物議を巻き起こした「性教育本」が、発売から14年を経てついに日本に上陸した。驚くなかれ、同書には性器への愛撫方法が、そのものズバリの無修整写真付きで掲載されているのである。案の定、発売早々、日本でも各界から賛否両論の声が上がっている。
 ↑ここまで

 気に入らぬ書籍や雑誌の広告なら掲載を拒否したり、改変を命じるのが朝日新聞の常なのだが、そうしなかったということは、朝日新聞の意図通りと看做してもよいだろう。

 話を戻すと、朝日新聞は社説で「ましてや今回、少女の肩にのしかかった重圧は、想像にかたくない」と書く。そりゃそうだろう。反米マスコミが大々的に報道するのだ。普通の強姦事件ならここまで書かない。朝日新聞は、在日朝鮮人の強姦事件なら、犯人の本名を隠して報道するほどだ。

 ところが、「被害者にのしかかった重圧」には朝日新聞などの過剰なまでの報道は含まれていないのだ。 

 「米兵が逮捕されたことは、沖縄にとどまらず、全国を揺るがすニュースとなった。事件への注目が集まり、米兵や基地への批判の声が高まった。裁判になれば、さらに世間の目にさらされる。事件の発覚後、ネットなどに『少女の行動にも甘さがあった』などという批判が載った。だが、いくら警戒心を持っていても、防げないことはある。心ない中傷は、少女をいっそうつらい状況に追い込んだのではないか」。

 常識的に考えて、米兵による犯罪が頻発しているのであれば、もっと警戒すべきである。朝日新聞は「いくら警戒心を持っていても、防げないことはある」というが、米兵についていかなければ事件は起こらなかった。1995年の事件のように拉致されたのではないのだ。中学生なら、ついて行ってはいけない位の判断力はあって当然の年齢だろう。

 朝日新聞は、そのような批判がネットに載る理由を考えてみるべきだ。何でも感でもアメリカが悪いという一方的な報道に、多くの日本人はうんざりしているのだ。客観的な報道をすべきである。強姦した犯人が米兵でなければこれほど大々的に報道しないだろう。明らかにバランスを欠いている。

 こんなことでは、幾ら地元が米軍基地と共存しようとしても、出来なくなってしまう。朝日新聞がなければ、戦後はもう少しまともになっただろう。日本を代表する新聞が朝日新聞であったことが非常に悔しい。

 余談だが、朝日新聞は「沖縄のほか、山口県岩国市では軍人らの基地外への外出も禁じられた。再び同じような事件が起きないよう対策を徹底してもらいたい」と岩国市のことも書く。読者は沖縄も岩国も同列に思ってしまう。朝日新聞は読者を誤誘導しようとしているのだ。それを書くのであれば、「岩国での米兵強姦事件は、実は1人とは合意だった」という事実を書くべきだろう。これこそ「いくら警戒心を持っていても、防げないことはある」などとは、言えないからだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ | Main | JR新快速でヘッドホン「うるさい」とケンカ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40347864

Listed below are links to weblogs that reference 朝日「米兵釈放―それでも事件は消えない」と、マスコミの責任感全くなし!:

« 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ | Main | JR新快速でヘッドホン「うるさい」とケンカ »