September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日新聞が抗議文を受け取らず、力ずくで追い出す  | Main | 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! »

March 28, 2008

「沖縄ノート」名誉棄損訴訟で請求棄却 裁判所の常識はどうなっているのか!

 読売新聞のページに「『沖縄ノート』めぐる名誉棄損訴訟、元少佐らの請求棄却」という記事がある。裁判所の常識はどうなっているのか。

 大阪地裁の深見敏正裁判長は「元少佐らが命令したと断じることはできない」という。であれば「集団自決命令があった」というのは言い過ぎではないか。賠償額を減額するならまだしも、請求を棄却するのはおかしい。大体「集団自決命令はなかった」ということが既に明らかになっている。軍が命令したというのは左翼による事実の捏造である。

 また、裁判長が「旧日本軍が自決に深くかかわったと認められる」というのと、集団自決命令があったのとは全く次元の異なる話だ。日本軍が自決に関わったというのも、自衛のために住民に配った手榴弾が自決に使われたという位のことだろう。

 当時、敵に殺される位なら自決するという空気があった。自決したのは沖縄だけではない。グアムでもサイパンでもそうだった。日本軍のせいではない。

 それから、「真実と信じる相当の理由があった」というが、大江は現地を取材すらせず、「鉄の暴風」の内容をひきうつしただけである。こんなことが許されるのなら、巷にあふれるトンデモ本を引用して幾らでも名誉毀損が出来てしまう。

 こんな常識の無い判決を下すから法曹界の信用が益々低下するのだ。下らぬ「平等思想」による裁判員制度が導入されるのも自業自得といえよう。迷惑するのは国民だ。

 参考: 曽野綾子「沖縄戦・渡嘉敷島『集団自決』の真実」(WAC)

 記事を引用する。

 ↓ここから
 沖縄戦で住民に集団自決を命じたと著書でウソを書かれ、名誉を傷つけられたとして、旧日本軍の元少佐らが作家の大江健三郎さん(73)と岩波書店(東京)を相手取り、大江さんの著書「沖縄ノート」などの出版差し止めと2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。

 深見敏正裁判長は、「元少佐らが命令したと断じることはできないが、旧日本軍が自決に深くかかわったと認められる」と指摘。

 「沖縄ノート」などの記述には「真実と信じる相当の理由があった」として、名誉棄損の成立を否定し、原告の請求を棄却した。
 ↑ここまで

« 朝日新聞が抗議文を受け取らず、力ずくで追い出す  | Main | 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40663803

Listed below are links to weblogs that reference 「沖縄ノート」名誉棄損訴訟で請求棄却 裁判所の常識はどうなっているのか!:

« 朝日新聞が抗議文を受け取らず、力ずくで追い出す  | Main | 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! »