September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 相続税約28億円を脱税した容疑者は朝鮮人 マスコミは通名報道をやめろ! | Main | 日本人より胡錦濤が大事な朝日新聞 「ギョーザの影をはらえ」とは! »

March 13, 2008

戦後に来日した「在日1世」とは? なぜ日本に永住できるのか!

 読売新聞のページに「『自分』貫いた祖父母」という記事があり、俳優のチョウ・ソンハなる者のインタビューが載っている。その中で、「韓国の済州島出身の祖父は、戦後、大学で学ぶために日本に来た在日1世でした」とある。

 チョウ・ソンハは東京都出身の「在日3世」になるのだろうが、なぜ自由意志で、しかも戦後に来日した朝鮮人の家族が日本に永住できるのか。全くわしの理解の範囲を超えている。

 これが特別な例ではなく、他にも戦後の混乱期に日本に来た朝鮮人が多く居るのではないか、という気がする。

 そもそも、大部分の「在日」が「強制連行」はおろか「徴用」でもなく、戦前に自発的に日本に来たことがすでに明らかになっている。したがって、特別永住許可など取消すのが国家として正しいと思われる。

 さっさと日本に帰化するか朝鮮に帰るかすべきだろう。

 それはそうと、日本のマスコミは在日米軍の犯罪には目くじらを立てて騒ぐのに、在日の犯罪に対しては何も言わないのだろう。しかも実名を隠して日本人であるかのように報道するし。同じ外国人なのに、なぜ「在日」はこうも優遇されるのか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国の済州島出身の祖父は、戦後、大学で学ぶために日本に来た在日1世でした。とても自由に生きた人で、突然、自宅をゲームセンターにするといって失敗したり、音楽や読書にふけったり。口数は少ないけれどオシャレで、ぼうず刈りの友人らの中で、ビートルズのようなマッシュルームカットで決めた若い祖父が写った集合写真を見せてもらったこともあります。

 同じく在日1世だった祖母は、直情型で威厳があり、幼いころは怖かった。でも、近所の人からの人望が厚く、いつも頼られていました。

 対照的な二人だけれど、戦争や戦後の混乱など多くの苦労、忍耐を積み重ねてきた中で「自分のやりたいことをする」という生き方は、似たもの同士だったのかなと思います。

 僕が大学に入って演劇を始めてから、祖父の書斎にオペラや演劇の本が並んでいることに気付きました。祖父母ともに僕が中学生のころに亡くなったのですが、もっと演劇とか生き方とかの話を聞きたかったなと、今、感じています。
(聞き手・本田麻由美)

 ■■■

 1981年生まれ。東京都出身。3月5日まで東京・世田谷パブリックシアターで舞台「春琴」に出演。4月4日からは新宿シアターモリエールで舞台「バーム・イン・ギリヤド」が始まる。
 ↑ここまで

« 相続税約28億円を脱税した容疑者は朝鮮人 マスコミは通名報道をやめろ! | Main | 日本人より胡錦濤が大事な朝日新聞 「ギョーザの影をはらえ」とは! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40487665

Listed below are links to weblogs that reference 戦後に来日した「在日1世」とは? なぜ日本に永住できるのか!:

« 相続税約28億円を脱税した容疑者は朝鮮人 マスコミは通名報道をやめろ! | Main | 日本人より胡錦濤が大事な朝日新聞 「ギョーザの影をはらえ」とは! »