September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! | Main | 昭和天皇 »

March 28, 2008

沖縄集団自決訴訟 ただちに控訴と報道するのは産経新聞だけ

 産経新聞のページに「【沖縄集団自決訴訟・原告側会見詳報】(1)『ただちに控訴する』」という記事がある。他紙が、「軍の関与を認めた」と報道する中で、唯一公正な報道をしている。

 論理も何も無い事実誤認の判決である。軍の隊長が直接集団自決命令を出したかどうかを判断すべきなのに、軍が関与したからといって、「沖縄ノート」の記述を是としている。大阪地裁の深見敏正裁判長には論理的思考力が無いのではないかと思える。

 判決で軍が深く関与したという根拠は次の通り。

 ・軍から、自決用の手榴弾を受け取ったとする住民らの証言が多数ある。
 ・沖縄で集団自決が発生したすべての場所に軍が駐屯し、軍のいない島では自決がなかった

 手榴弾は自決用ではない。また、要衝に日本軍がいるのは当然である。米軍の民間人を巻きこんだ攻撃さえなければ自決は起こらなかっただろう。日本軍が深く関与したという根拠もいい加減だ。何か「自衛隊があるから戦争が起こる」という旧社会党を思い出してしまう。

 原告は「直ちに控訴する」という。当然だ。控訴審で常識的な判断が下されることを期待したい。

 それにしても下級審では他にも下らぬ判決が沢山ある。裁判官の常識レベルも「下級」なのだろう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 沖縄戦の集団自決訴訟で原告側は28日午前11時前から大阪弁護士会館で記者会見。原告の2人は出席せず、代理人の弁護士2人が報道陣の質問に答えた。

--今日の判決について

 弁護団「これは不当な判決だ。判決は原告側の元隊長、梅沢さんあるいは赤松さんから住民へ、直接自決命令を出したかどうかについて、これを認定できないとしている。だが、集団自決に対する軍関与を認定し、隊長命令があったという記載についても相当性があると判断をし、大江さんを含む被告側の名誉棄損表現を免責した判決だ。

 名誉棄損表現は、梅沢さん、赤松さんが直接集団自決命令を出したかということにかかわっているが、その点については認定できないとしているのに、それとは全く別の事実である軍の関与をもって隊長命令があったという内容の表現を相当だとしたことには論理の飛躍がある。

 軍が集団自決に関与したという事実と無慈悲な部隊が生き残るために、潔く住民は自決せよということで手榴(しゆりゆう)弾などを渡したという命令とはまったく別個の事実だ。別個の事実で隊長の自決命令という人格攻撃や非難を正当化するというのは、論理の飛躍であって到底容認できない。

 また、判決のなかで、時間の経過に伴う証拠評価上の問題点があるということについて触れている。この点について事実認定が困難になっているのは、梅沢さん、赤松さんの提訴が遅れたからだとして、事実認定の困難さの不利益を原告の責任にしている部分がある。これもまた、原告らが置かれてきた状況から考えて、不当。ただちに控訴することに決めた」

--原告2人はなぜ会見に出席しなかったのか

 弁護団「2人と弁護団と話して、ここにくる必要はないだろうということになった。『大変残念な判決だ』と2人ともおっしゃっていた。『控訴審で闘おうということを報道陣に伝えてほしい』と話していた」
 ↑ここまで

« 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! | Main | 昭和天皇 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40668745

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄集団自決訴訟 ただちに控訴と報道するのは産経新聞だけ:

« 「沖縄ノート」訴訟で請求棄却を喜ぶ朝日新聞の記事 これは客観報道ではない! | Main | 昭和天皇 »